【マツエク】バサバサまつげ?ならボリュームラッシュが最適

バサバサまつげマツエク ブログ

お人形のような、バサバサまつげに憧れている方は多いのではないでしょうか。マツエクをつければ、簡単に存在感のある目元を演出できます。しかし、実際どれくらいの本数をつければ理想のバサバサまつげに近づけるのか知りたいですよね。この記事では、バサバサ系のマツエクに必要な本数やおすすめの種類などを紹介します。

 

ランキング
新規会員登録のキャンペーン

≫ 【シークレットセール】今すぐ会員登録で全商品20%OFFの優待クーポンGET【今だけ】

※ クーポンコードは会員登録後の自動配信メールに記載しております

バサバサのマツエクは140本以上が目安

バサバサのマツエクを希望する場合、片目140本以上つけることが一般的です。なお、メニューに「140本」と書かれている場合は、片目ではなく、両目合わせて140本なので間違えないようにしましょう。日本人のまつげの本数は、片目100〜200本程度といわれています。自然につけられるのは、多くても200本ほどです。また、年齢を重ねるとまつげの量が少なくなったり、細くなったりします。そのため、あまりボリュームを出しすぎると違和感を持たれることも。目の形や大きさ、自まつげの状態だけでなく、年齢も考慮して本数を決めることが大切です。

 

バサバサマツエクにしたいならボリュームラッシュが最適

最も主流なマツエクは、自まつげ1本につき1本のエクステをつける「シングルラッシュ」といわれる種類です。しかし、バサバサにしたい場合は、自まつげ1本に複数のエクステを扇状につけるボリュームラッシュがおすすめです。2本1束にしたものを2D、3本を3D、4本を4Dというように、本数にDを付けて区別します。束感が出るので、密度の濃いバサバサのまつげになるのが特徴です。ボリュームラッシュは、2016年ごろから徐々に知名度が上がってきた、まだ新しい施術ですが、つけ心地や仕上がりの良さから人気は右肩上がりで、多くのサロンで取り入れられています。シングルラッシュと同様に、カールや長さも自由に選ぶことができます。シングルラッシュとボリュームラッシュをミックスしてデザインすることも可能です。

 

本当にバサバサにしたい場合は、400〜500本程度がおすすめ。ボリュームラッシュの種類によって本数は変わってくるので、初めてつける場合は、「シングルラッシュで140本くらいの濃さが希望」と伝えるといいでしょう。

 

ボリュームラッシュのメリット

ボリュームラッシュが人気である理由を紹介します。

 

まつげへの負担が少ない

シングルラッシュで人気の太さは0.15mmですが、ボリュームラッシュの太さは、0.05〜0.07mmです。細い分とても軽く、まつげにかかる負担が少なく、まつげが短い、コシがないという悩みがある方でも付けられます。つける場所によって、2D、3Dと種類を変えれば、より理想の目元を作ることができます。

 

ナチュラルなふさふさ感になる

ボリュームラッシュは、自まつげよりも細いエクステをつけるため、バサバサにしても柔らかい印象になります。シングルラッシュだと、隙間が気になるという方にもおすすめです。扇状に広がったボリュームラッシュは、隣のまつげとの隙間を埋めてくれ、自然にボリュームアップしたように見えます。

 

ボリュームラッシュのデメリット

メリットだけでなく、デメリットもあります。

 

装着に時間がかかる

ボリュームラッシュは、装着に高度な技術が必要なため、施術時間が長くかかる傾向にあります。シングルラッシュ120本つけるのにかかる平均時間は、70〜90分程度です。ボリュームラッシュの場合、プラス30分ほどかかることを考慮してサロンに向かいましょう。

 

取れた時に目立つ

1束取れると一気に隙間があくので、目立ちます。また、特に本数が多く長いタイプは、いくら極細毛といえど重さがあるため取れやすいです。頻繁にリペアに通えない方は、2Dや3Dを選択し、シングルラッシュと組み合わせるなどの工夫をするといいでしょう。

 

バサバサマツエクにするときの費用相場

マツエクは、本数に比例して値段が上がるのが基本です。サロンによって費用の差は大きいですが、平均的な料金をみていきましょう。

 

シングルラッシュの料金

140本つけると、6,000〜7,000円程度かかります。本数以外に、人工まつげ(エクステ)の毛質によっても値段は変動します。代表的な毛質は、ミンク、シルク、セーブルの3種類で、シルクがもっともリーズナブル、続いてミンク、セーブルの順に高値です。つけ放題のメニューは一見お得に感じますが、つけられる最大本数は個人によって変わります。また、時間や本数に制限を設けている場合も多いため、条件を事前に確認しましょう。多くつければいいというわけでもないので、つけ放題にするか、本数を決めるかどちらが自分にあっているかは、アイリストと相談してから決めてください。

 

ボリュームラッシュの料金

ボリュームラッシュは、技術を習得するまでに時間がかかることや装着が難しいことから、値段が上がる傾向にあります。日本に上陸当初よりは徐々にリーズナブルになっていますが、400本で7,000〜10,000円が相場です。平日クーポンや当日予約クーポン、新規客限定のクーポンなど、うまく割引サービスを使って費用を抑えられると通いやすくなります。「どんな感じか試してみたい」という方は、練習モデルになるかわりに安価で施術が受けられる「ミニモ」というアプリで予約をする方法もあります。相場の半額〜1/3程度でつけることができます。ただ、あくまで練習台なので、100点満点の仕上がりを求める方にはおすすめできません。

 

マツエクをバサバサにするときの注意点

バサバサにしたはいいものの、イメージの仕上がりと違う、持ちが極端に悪い、という結果になっては悲しいですよね。そこでこの章では、マツエクをバサバサにする時に、特に注意したいことを紹介します。

 

納得するまでカウンセリングを行う

バサバサと聞くと、派手なイメージを持たれるかもしれません。しかし、バサバサといっても、つけまつげのようにクルンと華やかなイメージにするのか、軽やかで柔らかいイメージにするのかで、装着方法やデザインが異なります。SNSなどで理想のデザインの画像を探してアイリストとシェアすると、具体的に伝わりやすいです。装着後に「思っていた仕上がりにならなかった」と後悔しないように、カウンセリングはしっかりと行いましょう。

 

ケアに気を付ける

本数が多い分、絡まって抜けたり、向きがバラついたりしがちです。きれいな状態を長く保つためには、日頃のケアに気をつけなければいけません。例えば、以下の点に注意する必要があります。

 

  • 洗顔やお風呂の後は、風量の弱い冷風で乾かす
  • うつ伏せで寝ない
  • 目をこすらない
  • コーティング剤入りの美容液とブラシで毛の流れを整える

 

など丁寧に扱うことが大切です。バサバサのデザイン場合、一部が取れると目立つので、リペアやオフも定期的に行うようにしましょう。

 

【マツエク】バサバサまつげ?ならボリュームラッシュが最適【まとめ】

マスク生活の中、アイメイクはとっても大切です。マツエクをバサバサなデザインにすると、印象的でゴージャスな印象を与えられるでしょう。シングルラッシュなら140本、ボリュームラッシュなら400本程度を目安にすると、つけまつげをつけたくらいのボリューム感になります。ボリュームラッシュは、まつげへの負担が少なく、自然にボリュームアップできるのが魅力です。しかし、装着するのに高い技術がいるため、時間がかかることや価格が高くなるというデメリットもあります。このデメリットをネックに感じる方は、シングルラッシュとボリュームラッシュを組み合わせるのもおすすめです。SNSなどで画像を見つけてアイリストと共有すると、イメージを伝えやすいですよ。ぜひ、この記事で紹介したことを参考にして、理想の目元を演出してくださいね。