かぶれないマツエクグルーがあるの?低刺激グルーの特徴とは

かぶれないマツエクグルーマツエク ブログ

マツエクをつけた時に目の周りの皮膚が、かぶれてしまう方が稀にいます。しかし、グルーやサロンを変える事で、この悩みを解消出来るかもしれません。この記事では、かぶれの原因、かぶれないための対処方法、低刺激グルーの紹介や、良いサロンの見分け方を紹介します。

 

マツエクのかぶれはグルーが原因

マツエクで起こるかぶれは、グルーが原因である事がほとんどです。硬化する時に発生する「ホルムアルデヒド」という成分が、肌に刺激を与え、赤みや、かぶれ等を引き起こしてしまいます。施術中や、装着直後に症状が出る事もあれば、翌日以降に発症する事もあります。装着後1週間程度は、異常がないか観察をしましょう。症状が軽度だからと油断していると、徐々に酷くなる事もある為、放置してはいけません。グルーの他にも、金属アレルギーや、テープの粘着剤が、きっかけになっている可能性もあります。しかし、多くの場合は、グルーが原因だと考えられる為、適切な対策をする事が大切です。

 

マツエクグルーでかぶれた時の対処法

万一かぶれた時は、出来ればオフし、早めに医療機関を受診します。眼科提携の、マツエクサロンも多くなっている為、一度サロンに連絡をすると良いでしょう。マツエクのトラブルが起こった場合は、基本的に眼科を受診します。皮膚症状のみであれば、皮膚科でも構いませんが、念の為、眼科にて、目の状態も確認してもらった方が安心です。病院に行くまでに、かゆみが我慢できない時は、冷やす事で落ち着きます。清潔なタオルを水に濡らすか、保冷剤を、ガーゼに包んでまぶたに当てましょう。皮膚が弱い方や、アレルギー体質の方は、カウンセリングで、かぶれが起きた時の対処方法や、受診先を詳しく確認しておくと、焦らずに対応できます。かぶれが軽度な場合でも、時間と共に酷くなる可能性があるので、オフしてから、病院を受診するようにして下さい。

 

≫ リムーバーの種類や使い方・注意点を解説【マツエクをオフ】

 

かぶれ以外にもこんな症状はグルーが原因かも

グルーが原因で起こるトラブルは多岐に渡ります。ホルムアルデヒドは、粘膜を刺激するため、様々な症状を引き起こす可能性があるのです。例えば、目の痛み、涙が出る、目やに、充血は代表的な症状です。その他にも、頭痛、鼻水、咳、くしゃみ等も、アレルギーを発症しているサインになります。今まで大丈夫だと、違和感があっても、見逃してしまいがちです。しかし、体調やストレスによって、突然このような症状が起こる事があります。何も対応しないまま、マツエクをつけ続けると、急に酷いアレルギーが起こるかもしれません。グルーアレルギーは、かぶれや、目の症状だけではない事を知り、小さな違和感を見逃さないようにしましょう。

 

アレルギー持ちでもかぶれない!?低刺激グルーの特徴

かぶれに悩まされている方でも、低刺激グルーを使うと、かぶれや痛みを感じる事なく、施術出来るかもしれません。具体的に、低刺激グルーについて紹介します。

 

低刺激の原材料を使っている

一般的に、ブチルシアノアクリレートを主成分としている、ブチル系グルーは低刺激だと言われています。エチルシアノアクリレートを主成分としている、エチル系グルーに比べて、ホルムアルデヒドの放散量が少なく、アレルギーを引き起こしにくいです。ブチルシアノアクリレートは、歯科医療等でも使われる接着成分で、ホルムアルデヒド独特のにおいも、ほとんどありません。また、硬化後の仕上がりが柔らかく、装着感が少ないのもメリットです。しかし、ブチル系はエチル系に比べて、持続性が低いと言われています。ブチル系グルーを使う時は、いつも以上にホームケアを徹底し、綺麗に長持ちさせる工夫をしましょう。デメリットはありますが、努力次第でカバーできるので、かぶれに悩んでいる方は、刺激の弱いブチル系グルーを選んで下さいね。

 

カーボンブラックを配合していない

ほとんどのグルーは、カーボン色素で黒く着色されています。ですが、透明や薄紫色をした、カーボンフリーのタイプもあります。これは、カーボンアレルギーを持っている方が、安心して使えるグルーです。そもそも、グルーが着色されているのは、操作性や安全性を確保する為です。例えば、エクステに付着している量が一目で分かったり、もし皮膚や衣類に付着してしまったりした時に、すぐに気付けるというメリットがあります。また、黒のエクステが自まつげと馴染みやすく、アイライン効果も期待出来るのです。このように、着色する事で得られる効果は多くあります。しかし、カーボンに過剰反応してしまう体質の方もいる為、シアノアクリレートの揮発量が少ないグルーを使っても、かぶれてしまう方は、試しにノンカーボンタイプを試してみると良いかもしれません。

 

かぶれないためには良質なサロンを選ぶのが大切

かぶれを起こさない為には、サロンを変えるのも、一つの方法です。実際に変えてみたら、問題なく施術を受けられるようになったという方もいます。良質なサロンの見極め方を紹介します。

 

パッチテストはあるか

パッチテストとは、皮膚のアレルギー試験の事です。異常が起こらないかどうかを、事前に確認する為の大事な工程であり、これをきちんと行っているサロンは、アレルギーに対する意識が高く、安全な施術を提供しようとしている証拠です。料金や、方法はサロンによって違います。施術料金に含まれている場合もあれば、1,000円〜3,000円のオプション料金がかかる場合もある為、事前に確認するようにしましょう。試験方法は、簡易型と装着型があります。

 

簡易型の場合、検査結果が分かるのは24〜48時間、装着型は3〜4日程度です。その場で分かるわけではないので、少し面倒に感じるかもしれませんが、トラブルを避ける為には、出来るだけ受けるようにしましょう。「パッチテストのメニューがない」というサロンは、危機管理能力が低い事が考えられる為、あまりおすすめ出来ません。

 

グルーは安全なものを使っているか

予約時の電話やカウンセリングで、どのようなグルーを使っているか質問してみて下さい。安全なものを使用していれば、自信を持って説明をしてくれるはずです。グルーは化粧品と違い、内容成分を記載する義務がありません。その為、どのような成分を使っているか、分からない製品がほとんどです。しかし、良質な成分を使って製造しているメーカーは、自主的に成分を公表しています。安全性の確認が出来る製品を使っているという事は、お客様への安全性に対する責任感が感じられます。もし、何かトラブルがあった時にも、真摯に対応してくれるでしょう。安全なグルーを使っているかどうかを確認する事で、良いサロンか見分ける事が可能です。

 

口コミは良いか

口コミをチェックする事は、良質なサロンを見極める為に有効な方法です。公式サイトや情報誌では、良い事しか書いていません。一方、実際の利用者が投稿した口コミはリアルです。最近は、ホットペッパービューティーや、Googleマップ、OZmall等、様々なサイトで、口コミを知る事が可能になっているので、便利ですよね。良い口コミはもちろん、悪い口コミもチェックしてみましょう。例えば、「施術料金が高い点」を不満に思った人が、低評価を投稿したとしても、他店よりも、質の良い商材を使っているのかもしれません。また、悪い口コミに対して、サロン側がアクションを起こしているかも確認したいポイントです。謝罪や改善等を行っていれば、実際に利用する時にも、要望を汲んでもらえるでしょう。お店選びの際は、出来れば複数のサイトで、口コミを確認するのがおすすめです。

 

かぶれないマツエクグルーがあるの?低刺激グルーの特徴とは【まとめ】

マツエクをして、目の周りが、かぶれた場合、グルーが硬化する時に発生するホルムアルデヒドが原因になっている事が多いです。かぶれてしまう方は、低刺激のブチル系グルーを試してみて下さい。ブチル系は、ホルムアルデヒドの放散量が少なく、アレルギーを引き起こしにくいです。稀に、カーボン色素で、かぶれる方がいるので、ノンカーボンタイプにするとより安心です。また、良質なサロンで施術を受けるのも大切です。きちんとパッチテストを実施してくれるか、安全なグルーを使用しているかをチェックしましょう。対策をしても、かぶれが起きてしまったら、酷くなる前にオフをして、眼科を受診するのがベストです。かぶれは、比較的多いトラブルの一つなので、対策や対処法を知っておくと、いざという時に焦らず対応出来ます。この記事を参考に、マツエクを楽しんで下さいね。