マツエクで痒くならないための予防方法!当日の過ごし方は?

痒くならないマツエクマツエク ブログ

マツエクでまぶたや目が痒くなった経験がある方は、意外と多いのではないでしょうか。これからもマツエクを続けたいと「原因はなんなのか」「対処法があるのか」など悩みがつきませんよね。そこでこの記事では、痒くなる原因や予防方法、施術後の当日の過ごし方をご紹介します。

 

ランキング
新規会員登録のキャンペーン

≫ 【シークレットセール】今すぐ会員登録で全商品20%OFFの優待クーポンGET【今だけ】

※ クーポンコードは会員登録後の自動配信メールに記載しております

マツエクで痒くなる原因はグルーアレルギーの可能性大

痒みを感じる方の多くは、エクステを装着する為に使用するグルーが原因になっている可能性が高いです。アレルギーの原因になると考えられる物質は、「ホルムアルデヒド」です。グルーの主成分は、シアノアクリレートという接着成分で、これが硬化する際にホルムアルデヒドという揮発性分が発生します。多く吸い込んでしまうと、シックハウス症候群や気管支喘息、アトピー性皮膚炎を発症することもあると言われている、刺激の強い成分です。マツエクを装着する時に使うグルーの量はごく僅かです。放散される量も少量の為、過度に心配する必要はありません。しかし、もともと、ホルムアルデヒドにアレルギーを持っている方は、少量でも過剰に反応してしまうことがあります。

 

» しみないマツエクグルーなんてある?施術者ができる対策とは

 

マツエクをつけて痒いと感じた時は、グルーアレルギーを引き起こしている可能性が高いです。痒みはないものの、まぶたがカサカサしたり赤くなったりしている時も注意して下さい。

 

マツエクグルーのアレルギー以外で痒くなる原因

施術者の技術不足で痒くなる場合もあります。マツエクを装着する位置やグルーの使用量、衛生状態などによってトラブルを引き起こすことがあるからです。通常マツエクは、根元から1〜2mm程度離して接着します。もし、必要以上に根元に近い部分に装着してしまうと、瞬きをした時にまぶたに当たって痒みが出てしまうのです。グルーは乾くと多少縮む為、直後は大丈夫でも、時間が経ってからチクチクすることもあります。他にも、グルーの量が多すぎて塊ができて違和感を感じたり、清潔に保たれていないアイテムを使って雑菌が目に入ってしまう可能性も考えられます。

 

どちらもアイリストの技術や認識不足が原因なので、トラブルを避ける為に経験豊富なアイリストを指名しましょう。

 

マツエクで痒くならないための予防方法

絶対に痒くならない方法はありませんが、できるだけ予防することが大切です。

 

低刺激グルーを使う

グルーは、ブチル系を使うのがベストです。ブチル系グルーは、ホルムアルデヒドの放散量が少なく、アレルギーを引き起こしにくい低刺激な種類です。しかし、多くのサロンでは、硬化速度が速く持続性が高い、エチル系グルーを採用しています。施術時間が短縮でき、持ちも良くなる為、アイリストにとってもお客様にとってもメリットが多いからです。その一方で、ホルムアルデヒドの放散量が多く刺激が強いというデメリットがあります。ブチル系グルーは、エチル系と比べて硬化速度が遅く、持続性が劣るものの、ホルムアルデヒドの放散量が少ないのが特徴です。アレルギー体質の方は、痒くならない為に、医療用としても使われるほど安全性の高いブチル系グルーを使用してみて下さい。

 

» 【2021年最新】人気マツエクグルー3選がおすすめの理由

 

良質なサロンを探す

アレルギーを起こさない為には、良質なサロンを見極めることが大切です。質の良いサロンはアイリストの腕が良く、使っているグルーなどが高品質なことが多いからです。上記でもご紹介した通り、アイリストの経験が浅かったり知識不足だったりすると、思わぬトラブルを引き起こすことがあります。また、料金が安いからと下調べせずにサロンを決めると、海外製の安いグルーを使っている可能性も。グルーは皮膚に直接塗布するものではない為、雑貨という扱いになります。その為、成分が明確に定められておらず、表示に厳しいルールもありません。知らず知らずの内に、刺激が強かったり安全性が低かったりするグルーで施術を受けている可能性もあります。

 

良いサロンかどうかは、口コミサイトや公式ホームページで確認しましょう。口コミに真摯に対応していたり、使っているアイテムを詳しく紹介したりしているサロンは信頼できます。

 

痒くならないためには当日の過ごし方も大切

施術前後の過ごし方によって、痒みを抑えることができるかもしれません。ポイントを2つ紹介します。

 

体調を整える

体調の良い日に施術を受けるようにしましょう。アレルギーは、体調の悪い時に発症・悪化しやすいとも言われています。女性は生理前や生理中は特に皮膚や嗅覚が過敏になっているので、避けるのがベター。寝不足やストレスを感じている時も免疫力が低下しやすいので要注意です。アレルギーの程度が低い場合は、体調を万全にして施術を受けると問題なく装着できることがあります。痒くならない為に、マツエクの予約日が近くなったら睡眠や食事などの生活習慣を整えましょう。また、当日はスケジュールに余裕を持たせ、疲れ過ぎないようにして下さいね。

 

最低でも5時間は水に濡らさない

カウンセリングで伝えられると思いますが、施術後すぐに顔を洗ったりお風呂に入ったりすることは避けましょう。グルーが完全に硬化する前に水につけると、アレルギーのリスクを高めてしまうからです。マツエクグルーは、表面の硬化には約5時間、完全硬化までに約24時間かかり、ホルムアルデヒドは完全硬化するまで放散され続けます。その間に洗顔をすると、ホルムアルデヒドが水に溶け出し、皮膚や目に付着して痒みや痛みを感じる原因になるのです。そのほかにも、白化現象や持続性の低下などのリスクもあります。使用しているグルーによって硬化スピードは異なるので、サロンで確認してできるだけ完全硬化までは水が触れないようにしましょう。

 

マツエクで痒くなった時の対処法

痒みや違和感があった時は、できるだけ早く眼科を受診するようにしましょう。放っておくと、まぶたがかぶれたり、目が開けられないほど腫れたりすることもあります。トラブルがあった際は、まずサロンに連絡をするといいでしょう。トラブルの詳細を伝えて、できればオフをしてから病院を受診するのがベスト。原因物質を取り除かないまま受診しても、治療の効果が薄れてしまうかもしれないからです。また、最近ではサロンと提携している眼科も多くあります。

 

マツエクに詳しい眼科なら、より適切な処置をしてくれます。ちょっとした違和感だと「これくらいなら大丈夫」と思うかもしれませんが、急に悪化することもあります。できるだけ早くオフして、眼科を受診して下さい。

 

アイリストもグルーアレルギーに要注意

アイリストもグルーアレルギーを発症することがあるので、日頃から予防策を講じることがとても重要です。体内に入ったホルムアルデヒドが一定量を超えると、アレルギー症状が引き起こされると考えられています。この量は個人差があり、どれくらいの量を吸い込めば症状が出るのかははっきり分かりません。

 

サロンで出来るアレルギー対策として有効なのは、換気をしっかりすることと、マスクやメガネをしてなるべくホルムアルデヒドを吸い込まないことです。真夏や真冬は換気がしにくいので、空気清浄機を導入するのがおすすめ。

 

また、マスクは化学物質過敏症用の物を使用したり、フレームにフードがついたメガネを使用するのも効果的です。その他にも、うがいや手洗いを定期的に行い、帰宅後はすぐにシャワーで髪や顔についたホルムアルデヒドを流しましょう。施術者こそ、グルーの影響を最も受けやすいです。アイリストを続ける為にも、対策を練って安全にグルーを使用しましょう。

 

マツエクで痒くならないための予防方法!当日の過ごし方は?【まとめ】

マツエクで痒くなるのは、グルーが硬化する時に発生する成分にアレルギー反応を起こしている可能性が高いです。痒くならない為には、低刺激のグルーを使ったり良質なサロンで施術を受けたりするようにしましょう。スキルが高いアイリストに施術をしてもらえば、装着位置やグルーの量により起こる痒みも防ぐことができます。また、当日の過ごし方も大切です。予約日の前後は睡眠をしっかりとって体調を整えたり、表面がしっかり硬化するまで出来るだけ洗顔やお風呂は控えたりするのがベター。もし対策をしても痒くなった場合は、すぐにオフをして眼科を受診しましょう。お客様だけではなく、アイリストもアレルギーを発症するリスクがあります。定期的な換気やマスクとメガネの使用を徹底し、安全な環境で施術をするようにして下さいね。