マツエク施術前のパッチテストは絶対!その重要な理由とは?

パッチテストマツエク ブログ

グルー(接着剤)はマツエク施術に欠かせませんが、人によってはアレルギー反応を起こすため、事前にパッチテストを受けることが大切です。この記事では、パッチテストが重要な理由、また具体的なやり方や、かかる費用・時間の目安などをご紹介します。

 

» まつげエクステとは?今さら聞けない基本のキを優しく解説!

 

ランキング
新規会員登録のキャンペーン

≫ 【シークレットセール】今すぐ会員登録で全商品20%OFFの優待クーポンGET【今だけ】

※ クーポンコードは会員登録後の自動配信メールに記載しております

マツエクグルーのパッチテストとは?

パッチテストとは、成分に対してアレルギー耐性があるか判断するためのテストのことです。基本的にサロンのグルーは安全性が高いものが使用されていますが、まれにアレルギー反応を起こしてしまう人もいます。そのため、本格的に施術をする前に、グルーの成分を実際に塗布することでアレルギー反応が出ないか試す必要があるのです。食物アレルギーや花粉症がない方も、油断は禁物です。グルーには、ホルムアルデヒドが発生したり、エチルシアノアクレリートブチルシアノクレリートなど、化学的な薬品特有の成分が含まれています。また、アレルギーはいつ発症するか分かりません。もし異常があらわれた時は施術を見送り、必要に応じて皮膚科や眼科を受診しましょう。

 

» 【2021年最新】人気マツエクグルー3選がおすすめの理由

 

マツエクでパッチテストが重要な理由

目の周りはとてもデリケートなので、もともとアレルギー体質ではない方でも、グルーに過剰反応することがあります。よく起こる症状は以下の通りです。

 

  • 充血
  • まぶたの腫れ
  • 目やまぶたの痒み
  • 涙や目やにが止まらない
  • 目の中の異物感

 

目や皮膚の症状以外にも、以下の症状が出る場合もあります。

 

  • 鼻水が出る
  • 咳が出る
  • 呼吸が苦しい

 

上記症状もグルーの影響である場合が多いです。軽度であればすぐに施術を中止し様子を見ることもできますが、中にはオフできないほどの痛みや腫れが起こることもあります。また、施術の翌日以降にアレルギー反応が出た場合、再度来店をしてオフしなければいけません。

 

基本的にはオフ代がかかるうえ、施術料金の返金はありませんし、通う手間もかかります。美しくなるためにマツエクをつけるはずが、肌が荒れたり、メイクができなくなったりしては、本末転倒です。安心して施術を受けるためにパッチテストは必要であり重要です。特別な理由がなければ、安心を買うと考え、なるべく受けるようにしましょう。

 

マツエク施術前パッチテストの種類とやり方

パッチテストの方法は、大きく分けて「塗布型(簡易型)」と「装着型」の2種類です。詳しい手順や内容をみていきましょう。

 

塗布型パッチテスト(簡易)

塗布型は、そのサロンが使用するグルーと同じ成分を二の腕の内側や耳の裏など、皮膚が柔らかい場所に少量塗布し、上から防水加工がしてあるテープで固定する方法です。塗布後、24〜48時間後にテープをはがし、皮膚に異常がないか確認します。テープをはがした刺激によって皮膚が赤くなることがあるので、はがして10分ほど置いてから確認をすると確実です。赤みや痒み、かさつきといった症状がみられた場合は、アレルギーを起こしている可能性が高いです。24〜48時間以内でも、痒みや痛みを感じた場合は、すぐにテープをはがしましょう。

 

装着型パッチテスト

装着型は、実際に両目に数本ずつエクステ(人工まつげ)を装着し、異常がないか確認する方法です。結果の確認までに要する日数はサロンによって異なります。3日以上経ってからアレルギーを発症することもあるので、実際に装着するのは、パッチテストをしてから3〜4日以上経ってからがおすすめ。中には1週間程度置いてから、施術に入るサロンもあります。実際に装着するため、グルー以外にも、保護用のテープやツイーザーへのアレルギーを同時に確認できるのがメリットです。金属アレルギーがある方や、肌が弱い方は、装着型のパッチテストを行っているサロンを選ぶといいでしょう。

 

パッチテストにかかる時間や費用

急いで施術したい方やなるべく料金を抑えたい方が気になるのが、パッチテストにかかる時間や費用ですよね。それぞれ詳しくみていきましょう。

 

所要時間

上記でも少し紹介しましたが、塗布型の方がかかる時間が短く、パッチテストの下準備自体は5〜10分で完了します。結果が出るのは、24〜48時間後です。装着型は塗布型よりも手間がかかるため、20〜30分みておきましょう。結果は2〜7日後に分かります。できるだけ時間をかけたくない、早く施術を受けたい、という方は塗布型を、時間がかかってもじっくり見極めたい、アレルギー体質なので心配、という方は装着型がおすすめです。

 

費用の目安

パッチテストの費用の相場は、1,000〜3,000円ほどです。無料で行っているサロンや、アレルギー反応が無く実際に施術ができれば返金されるサロンもあります。費用や制度はサロンによって異なるので、事前によく確認しましょう。パッチテストのメニューすらない、というサロンは要注意。アレルギーに対する意識が低く、トラブルがあった際に適切な対応を取ってもらえない可能性があります。

 

お金がかかると躊躇してしまいますが、もしアレルギー反応がひどく出た場合、パッチテスト以上に病院代がかかり施術料金も無駄になってしまいます。パッチテストの割引クーポンがあるサロンもあるので、そういったサービスをうまく利用して、受けるようにすると安心です。

 

グルーアレルギーを引き起こさないための対策

もともとグルーの成分にアレルギー反応を起こす方が、それを予防するのは難しいです。しかし、反応がごく軽い方や現在起こしていない方が、できる限りアレルギーを引き起こさないために気をつけたいポイントを紹介します。

 

» マツエクのアレルギーはグルーが原因?症状や対処方法を解説

 

低刺激グルーを用意しているサロンを選ぶ

サロンによって使っているグルーは違います。そのため、以前トラブルがありマツエクをつけるのを諦めている方でも、別のサロンでは問題なくつけられる場合があります。アレルギー対策に力を入れているサロンは、肌に刺激が少ないものや、ホルムアルデヒドの放散量が少ないものを使用していることが多いです。国産に多いブチル系は刺激が少なく、海外産に多いエチル系は刺激が強いといわれています。ただ、ブチル系は粘着力が弱く、使用量が多くなるなどのデメリットもあるので、自分にあったグルーを見つけるためにもパッチテストを受けるようにしましょう。

 

» マツエク向け低刺激グルーの持ちや速乾性は?種類と選び方を解説

 

マスクをして施術を受ける

グルーは揮発する時に、ホルムアルデヒドの放散量が多くなります。それを吸うことでアレルギーを引き起こすことがあるので、施術の際はマスクを着用しましょう。施術後にうがいをするのも、有効な方法です。

 

体調のいい時にサロンにいく

アレルギーは、体調が優れない時やストレスを感じているときに起こりやすいと考えられています。特に女性は月経があるため、体調やメンタルが不安定になりがちです。サロンを予約したら、規則正しい食生活を送る、睡眠を十分とるなど、いつも以上に体調管理には気をつけましょう。

 

» マツエクのアレルギーはグルーが原因?症状や対処方法を解説

 

マツエク施術前のパッチテストは絶対!その重要な理由とは?【まとめ】

マツエクグルーが原因で、目の痒みや充血などのトラブルを引き起こすことがあります。ひどい時は、病院に通う必要があったり、治るまでメイクができなかったりすることも。そのため、いきなり施術するのではなく、事前にパッチテストを受けて、アレルギー反応が起きないか確認してからにしましょう。パッチテスト自体は5〜20分程度で終わるので、そこまで大変なものではありません。費用がかかる場合もありますが、返金制度やクーポンを利用すれば、金銭的な負担も少ないでしょう。突然アレルギーを発症することもあるので、低刺激のグルーを使用しているサロンを選ぶ、体調を整えてサロンに足を運ぶ、などの対策も有効です。トラブルが起こると、せっかくの楽しみが台無しになります。できるだけパッチテストを行い、安心してマツエクをつけてくださいね。