しみないマツエクグルーなんてある?施術者ができる対策とは

沁みないグルーマツエク ブログ

顧客満足度アップのために、マツエク施術中に目がしみて痛い・充血するといったケースはできるだけ最小限にしたいものですよね。そこで登場するのが、しみないマツエクのグルーです。今回は、目元がしみてしまう原因と、不快感を最小限に抑える施術のポイント、そしてオルロおすすめの商品をご紹介します。

 

» マツエクグルーがしみるのはなぜ?痛みの原因と対処法を解説

 

マツエクがしみやすくなる原因

施術中に目がしみてしまう主な原因は何なのでしょうか?次のような理由が挙げられます。

 

  • マツエクグルーに含まれる接着成分のシアノアクリレート
  • 目の乾燥・ドライアイ
  • お客様が施術時に眠ってしまう
  • 目がもともと開きやすい
  • 施術者のテープワーク不良
  • 体調不良やホルモンバランス

 

シアノアクリレートによる揮発成分による痛み

マツエクグルーに含まれる接着成分のシアノアクリレートは、乾燥する際に揮発成分としてホルムアルデヒドという刺激物質を放出します。このホルムアルデヒドが目・鼻・喉などの粘膜に刺激を与えることで、目がしみたり、鼻水が出たりといった反応を引き起こします。

 

ドライアイや乾燥による痛み

少しまぶたを持ち上げて施術を進める為、目が乾きやすく、揮発成分が眼球に触れやすくなります。以下の対策が有効です。

 

  • ソフトコンタクトレンズを付ける
  • 事前に目薬をさして目の乾燥具合を緩和させておく

 

お客様が眠りまぶたが薄く開き痛みを感じる

マツエク施術中にうとうとされるお客様も多いですよね。すると、目元の筋肉が緩んで、まぶたが自然と薄く開いてしまう方も。テープを貼り直さずに続行した場合、揮発成分がダイレクトに眼球に触れて、目がしみやすくなります。

 

目がもともと開きやすく痛みを感じる

眼球が少し前に出ているといった元の目のつくりや、目元の整形をされたような場合では、眠らずに起きている状態で目を閉じてもらっても、うっすら目が開いている方もいらっしゃいます。この場合、エアーコンプレッサーなどで揮発成分を飛ばしながら施術をする工夫が有効です。

 

施術者のテープワーク不良による痛み

マツエク施術の際は以下の点を確認するようにしましょう。

 

  • アンダーテープを下に引っ張りすぎていないか
  • アッパーテープを引き上げすぎていないか

 

まつげが下向きの方への施術ですと、特に装着しやすいように無意識に手前にテープを引っ張りすぎてしまう方もいます。そういった貼り方をすると、お客様がリラックスされた時に薄めどころか半目が開いてしまうことも。

 

体調不良やホルモンバランスの乱れ

女性は毎月の生理や妊娠・出産でホルモンバランスが不安定になりがちです。ホルモンバランスが乱れていると、いつもより刺激を感じやすくなります。

 

マツエクグルーがしみない方法はある?施術者ができる対策

お客様に安心して施術を受けてもらう為に気を付けたい、グルーが目にしみにくくなるポイントをご紹介します。

 

お客様への事前のお声がけとアドバイス

生理や妊娠中などホルモンバランスが崩れやすいタイミングや、風邪気味などの体調不良がある中での施術、目が乾燥している際に施術をすると、マツエクグルーがしみやすくなります。グルーがしみやすいお客様には、次のようなお声がけをしておくと良いでしょう。

 

  • 前日はしっかり眠り体のコンディションを整えてもらう
  • 生理前、免疫力が落ちていると思われるタイミングであれば、施術の日程をずらすことも検討
  • 日頃から目薬で目の潤いケアをして、乾燥しにくい状態で施術を受けてもらう
  • 施術前に目薬をさしてもらい、直前に瞬きを数回してもらう

 

テープを適切に貼り、必要であれば貼り直しも

テープがきちんと貼れているのか、施術中にお客様が眠られてテープの状態が適切でなくなった際に、貼り直しができているのかを確認しましょう。「お客様を起こすのが申し訳ないから」とそのままの状態で施術を続けると、お客様の目がしみやすくなるだけでなく、装着しにくく仕上がりにバラつきがでたり、時間がかかったりと、何一つ良いことはありません。「テープの位置がずれてしまったので、目の保護の為にも貼り直しをさせていただきますね」とお声がけをして貼り直す方が、最終的にはお客様の為でもあり、顧客満足度の向上にも繋がります。

 

マツエクグルーをしっかりと振る

マツエクグルーの注意点として「必ず振ってからご使用下さい」と記載がありますが、理由をご存知でしょうか?その答えは、ボトル内でグルーが分離しているからです。容器を振らないままでグルーを出してしまうと、上に分離しているのがシアノアクリレートなので、シアノアクリレートの量が多くなります。分離を防ぐ為にも、使用前は冷蔵庫から取り出して常温に戻してから良く振って使用するようにしましょう。

 

エアーコンプレッサーやエアーポンプの使用

手間はかかりますが、施術中に揮発した成分をこまめに吹き飛ばすことも大切です。

 

マツエクサロン内の環境と、換気を徹底

マツエクサロン内の室内の温度・湿度が適切でないと、硬化時間が延びて揮発成分がその分長く放出され、目に触れる時間が必要以上に長くなることも。グルーの白化現象の引き金にもなります。施術に最適な室内温度は、23±2℃、湿度は50±5%前後が理想です。揮発成分を充満させない為にも、サロン内の換気も徹底しましょう。

 

目がしみないマツエクグルーを使用する

サロンワークで使用するマツエクグルーには、必ずシアノアクリレートが配合されています。その為、完全に刺激をゼロにすることは難しいのですが、刺激を抑えた商品もありますので、次にご紹介しますね。

 

目がしみないマツエクグルーなんてある?

目がしみやすいお客様、敏感肌のお客様にも安心の、目がしみにくいマツエクグルーはあります。ここからはマツエクグルーのオルロからおすすめ商品をご紹介します。

 

» 【2021年最新】人気マツエクグルー3選がおすすめの理由

 

しみるのを最小限にするなら低刺激グルーまたは無刺激グルーを選ぶ

シアノアクリレートを主成分とするマツエクグルーの中でも、ブチル系のマツエクグルーだと、揮発成分が少なく刺激が緩やかです。オルロでもブチル系のマツエクグルーを好評販売中です。ご利用中のサロンオーナー様から「どんな商品を使っても目が痛い、しみていたのに、問題なく使える」「安心して施術を提供できるようになった」などたくさんの口コミをいただいております。

 

» マツエクグルーの口コミはこちら

 

マツエクグルーのオルロからおすすめの商品

国産マスターピースグルー【メディカルハイグレード 2ml 速乾】

国産マスターピースグルー【メディカルハイグレード 2ml 速乾】

硬化までに時間がかかると言われるブチル系グルーですが、当商品の硬化速度は5〜7秒と速乾。揮発成分が少ない為、アレルギーや目がしみるリスクを抑えます。

 

国産マスターピースグルー【無刺激グレード 2ml】

国産マスターピースグルー【無刺激グレード 2ml】

エトキシシアノアクリレートを主成分としたグルーです。ブチル、エチルに比べて、より低刺激・低臭になります。「ブチル系も心配」というお客様や、「練習用に最適なグルーを探している」「下まつげへの施術」といった方にもおすすめです。マツエクグルーの専門店オルロでは、すべての商品に30日間の返金保証制度を設けていますので、まずはお気軽に手に取ってお試し下さいませ。

 

施術後も目がしみる場合は?

施術後も目がしみる場合は、長めに乾かし更にコーティング剤を塗りましょう。膜を作ることができる為、揮発する成分を抑えられます。帰宅後も、しみるようであれば手持ちの扇風機やドライヤーで風を当てると少しやわらぐのでお試しいただくようご案内下さい。注意点として、マツエクの素材はポリブチレンテレフタレート(PBT)なので、温風を当て過ぎるとカールの緩みに繋がる可能性があります。また、色々な方向から風を当てるとエクステのバラつきの原因にもなるので、弱めの冷風を下から30cmほど離して当てるのがベストです。コーティング剤を使った日常ケアも併せて行うと良いでしょう。

 

しみないマツエクグルーなんてある?施術者ができる対策とは【まとめ】

「施術中に目がしみて涙が止まらない!」その背景には理由が必ずあります。中でも、マツエクグルーの揮発成分が原因となるケースがほとんどなので、今回ご紹介したような揮発成分を抑える工夫で改善が図れます。丁寧なカウンセリングやテープワーク、マツエクグルーの適切な量の判断をはじめとする技術の向上もまた大切です。何をしても改善しにくい場合には、しみないマツエクグルーの導入をぜひご検討下さいませ。マツエクグルーの専門店オルロでは、ブチル系・エトキシ系の揮発成分が少ない低刺激グルーを好評発売中です。2mlの使い切りサイズや、30日間の返金保証制度もご用意しておりますので、お気軽にお試し頂ければ幸いです。「持ちが良いのに、しみないサロン」としてお客様の満足度をぜひ高めていきたいものですね。

LINEの登録ボタン