【マツエクトラブル】グルーが目に入った時の症状と対処方法

グルーが目に入った時の症状と対処方法マツエク ブログ

マツエクの施術中に目の痛みを訴える方が一定数います。「目にグルーが入ったのでは?」と心配になるかもしれませんが、グルー自体が目に入るというトラブルは、実はかなり稀です。ではなぜ、目に痛みが走るのでしょうか。この記事では、グルーで目がしみる原因や、目に入った時の対処方法などを紹介します。

 

ランキング
新規会員登録のキャンペーン

≫ 【シークレットセール】今すぐ会員登録で全商品20%OFFの優待クーポンGET【今だけ】

※ クーポンコードは会員登録後の自動配信メールに記載しております

マツエクグルーで目がしみる原因

目がしみる原因のほとんどはホルムアルデヒドです。マツエクグルーの主成分はシアノアクリレートと呼ばれる瞬間接着剤の一種です。シアノアクリレートは揮発性が高く、空気に触れて硬化する時にホルムアルデヒドという、人の粘膜を刺激する化学物質を放出します。このグルーから揮発するホルムアルデヒドは目には見えない透明な気体ですが、ツンとする独特なにおいがあり、目や鼻の粘膜に近づいた時にはピリッとした痛みや違和感を感じることがあります。この刺激で「グルーが目に入った」と勘違いする方が多いのです。

 

ただ、ホルムアルデヒドの刺激は、人によっては施術を中止するほどの痛みや苦痛を感じることがあるのも事実です。違和感がある時は施術を中断し、痛みが続く場合は速やかに眼科を受診しましょう。

 

マツエクグルーがしみやすい人の特徴

同じマツエクグルーを使っても、しみる方としみない方がいます。特に刺激を感じやすい方の特徴を紹介します。

 

ドライアイの人

ドライアイとは、眼球を覆う涙の量が不足したり、涙が均等に行き渡らなくなる病気です。ドライアイの人は瞳のバリア機能が低下するため、ホルムアルデヒドの影響を受けやすく、痛みを感じやすくなるといわれています。仕事で長時間パソコンを使う方やエアコン・クーラーなどをつけた部屋に長時間いる方は、ドライアイになりやすいです。目を酷使しないようにする、加湿を心がける、など日頃から目のケアを怠らないようにしましょう。施術前に目の渇きが気になる場合は、目薬で水分を補充するのもひとつの方法です。

 

アレルギーがある人

しみることに加え、痒みやかぶれなどがある場合は、グルーの成分やホルムアルデヒドに対して、アレルギーを発症している可能性があります。体調が悪い時や、ホルモンバランスが乱れている時はアレルギーを引き起こしやすくなるので、マツエクの前日、当日は身体をしっかり休め、コンディションを整えましょう。

 

» マツエクのアレルギーはグルーが原因?症状や対処方法を解説

 

マツエクグルーが目に入る原因

施術中は、基本的に目を閉じているため『マツエクグルーが目に入る』という事態が起こることは考えづらいです。万一、本当にグルーが目に入ってしまったら激痛が走ります。これは失明することも考えられる絶対にあってはならないトラブルです。しかし、ごく稀に『グルーが目に入った』という経験をしたことがある方がいます。原因と対策方法を知り、最悪の事態が起こらないようにしましょう。

 

» 市販でマツエクキットは売ってるの?グルーの購入場所を解説

 

セルフでマツエクをつける

自分で装着しようとすると薄目が開いてしまったり、グルーがついたエクステを目に当ててしまったりするリスクがあります。最近ではインターネットでセルフのマツエクキットが多数販売されています。マツエクの装着は一見簡単そうに見えますが、かなり細かい作業になり、専門的で高いスキルが必要です。マツエクは必ずプロに装着してもらいましょう。

 

» 後悔しても遅い!セルフまつげエクステの危険性と深刻な理由

 

施術中に寝てしまう

施術中に眠り、目が覚めた時に装着中だということを忘れて急に目を開けてしまう方は多いです。その拍子に、つけようとしていたマツエクが眼球に触れたり、落としてしまったりすることが考えられます。目の際から数mmの場所で細かい作業をしているため、急に目を開けたり動いたりするのはとても危険です。できるだけ施術中は寝ないようにし、サロン側も『施術中に寝た場合の危険性』をカウンセリング時に伝えると、リスクを減らせます。

 

» マツエク施術前のパッチテストは絶対!その重要な理由とは?

 

サージカルテープの貼り方が悪い

アイリストがサージカルテープでまぶたを固定する時に、上に引き上げすぎると薄目になります。粘膜が露出した状態でエクステを装着するのは危険です。まぶたの力を抜いた状態でも、薄目にならない程度で引き上げましょう。

 

マツエクグルーが目に入った時の対処方法

グルーが目に入ると激痛で施術どころではありません。すぐに施術を中止し、多量の流水で洗浄しましょう。シャワーの水圧を弱めて流水を当てるか、洗面器や手で作った器に水をはり、15分ほどかけて水中で瞬きを繰り返します。その際に、手や指でこすり取ろうとすることは厳禁です。自分で解決しようとせず、できるだけ早くサロンと提携している眼科、もしくはマツエクに詳しい眼科を受診してください。サロン側は、眼科の休診時間や休診日に施術を行う場合は、救急外来などを受け入れている病院も確認しておく必要があります。

 

» グルーが皮膚についたらどうする?マツエク施術中の対処方法

 

マツエクグルーで目がしみないための対処方法

過去に、目がしみてマツエクの装着を諦めている方でも、対策をしたら大丈夫だったということもあります。下記の方法を試してみてください。

 

» マツエクグルーがしみるのはなぜ?痛みの原因と対処法を解説

 

低刺激のグルーに変更する

グルーは主成分によって、エチル系とブチル系に分けられます。ブチル系は硬化スピードが遅いですが、その分ホルムアルデヒドの拡散が穏やかで、目にしみにくいのが特徴です。ただ、価格が高価で持ちがエチル系より劣る傾向にあるので、あまり一般的ではありません。安全性を重視しているサロンは取り入れていることが多いので、確認してみてください。

 

» グルーの代用品はある?エチル系とブチル系の違い【マツエク】

 

グルーをしっかりと乾かす

施術後目を開けた時に刺激を感じることもあります。その際はすぐに目を閉じ、さらにしっかりとグルーを乾かすと改善することが多いです。グルーの表面が固まるまでには約5〜6時間、完全に固まるまでには約24時間かかります。敏感な方は、その間にも弱い刺激が続くかもしれません。手持ちの扇風機やドライヤーの冷風で微風を送ると、痛みが和らぐことがあります。

 

» マツエク向け低刺激グルーの持ちや速乾性は?種類と選び方を解説

 

経験豊富なアイリストを指名する

装着部分が目に近すぎてしみたり、サージカルテープの貼り方が悪く目が乾燥したりすることがあります。マツエクの施術にはテーピングも含め高度な技術が必要なため、できるだけ経験豊富なアイリストに施術をしてもらうと安心です。ホームページに、経験年数や資格の有無が記載されていることも多いので、しっかりとチェックしましょう。また、ホットペッパーやミニモなどの口コミも参考にするといいですね。

 

» まつげエクステとは?今さら聞けない基本のキを優しく解説!

 

施術前に目薬をさす

目が乾いてると刺激を感じやすくなるため、目薬で目を潤してから施術を受けるのも効果的です。ただ、施術後、グルーが固まる前に目薬をさすのは避けましょう。グルーが水分に反応して、白化現象を起こしたり、グルーがゆるんで取れやすくなったりします。少なくとも装着後5〜6時間は点眼を避けた方が無難です。

 

» 根元が白い?グルーによる白化現象の原因と対策【マツエク】

 

【マツエクトラブル】グルーが目に入った時の症状と対処方法【まとめ】

目がしみて「マツエクグルーが目に入った」と思った場合でも、実際は揮発したホルムアルデヒドに反応していることが多いです。ドライアイやアレルギーがある方は、特に刺激を感じやすい傾向にあります。低刺激のグルーを使う、グルーをしっかり乾かす、などの対策を講じると解決できるかもしれません。もし本当にグルー自体が目に入った場合は、要注意です。かなりの痛みを伴うため、すぐに流水でしっかりと洗い流し、眼科を受診しましょう。セルフでつけたり、施術中に眠ってしまったりすると危険なので避けてください。また、トラブルを起こさないためには、信頼できるアイリストに装着してもらうことも大切です。ホームページで経験年数や口コミなどを確認するといいでしょう。アイリストも施術を受ける側も、グルーに関する知識を身につけて、安全にマツエクを楽しめるといいですね。