プライマーでマツエクが長持ち?代用品や人気商品もご紹介!

マツエクプライマーマツエク ブログ

まつげエクステの施術前に必ず行う、プライマー。マツエクにどんな効果があるの?と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。実は、プライマーによって仕上がりや持ちが大きく変わるため、メリットや人気商品を知る事はとても大切です。この記事では、マツエク前に必要な、プライマーの基礎知識をまとめています。

 

ランキング
新規会員登録のキャンペーン

≫ 【シークレットセール】今すぐ会員登録で全商品20%OFFの優待クーポンGET【今だけ】

※ クーポンコードは会員登録後の自動配信メールに記載しております

(前処理剤)プライマーとは?

プライマーとは、いわゆる「前処理」の事です。マツエクの装着前に、アイリストが、まつげの皮脂や汚れを綺麗に取り除く工程、もしくはそれに使う薬剤の事を言います。マツエクサロンでは、プライマーと言えば、前処理剤の意味となります。酸性の皮脂をしっかり落とすために、アルカリ性、もしくは弱アルカリ性の前処理剤を使うのが一般的です。

 

マツエクグルーは、油との相性が悪いため、皮脂やアイメイクの残りを取り除く事はとても重要です。結果的に前処理を行う事で、施術時間を短縮できるので、装着をより丁寧に行う事ができるでしょう。前処理剤は、初めてつける人でも、リペアの人でも、例外なく行う、まつげを洗浄する大切な工程です。ノーメイクで来店する場合も、蓄積された汚れを取るために、前処理を必ず行います。マツエクグルーの硬化を促進させたり、美容成分を配合したりしている、前処理剤もあるので、希望に沿って使い分けられると満足度が上がるでしょう。

 

≫ 【2021年最新】人気マツエクグルー3選がおすすめの理由

 

まつげエクステで前処理剤を使う3つのメリット

前処理を行う事で、具体的にどのような効果があるのでしょうか。代表的なメリットを3つみていきましょう。

 

マツエクが長持ちする

最も大きなメリットは、まつげエクステの持続性がアップすることでしょう。エクステの持ちを良くする為には、グルーの大敵である、油分を出来る限りカットしなくてはいけません。ぱっと見では分かりませんが、実は自まつ毛には、皮脂やメイク残り、花粉、ほこりなど、様々なものが付着しています。この状態でマツエクを装着すると、マツエクグルーの強度が弱まったり、根浮きしたりする原因になるので、前処理剤が重要なのです。

 

中には、マツエクグルーの接着力が高まる効果が期待できる成分が、配合された前処理剤もあります。そういったものを使うと、より持続性を実感できるでしょう。マツエクの持ちの良さは、サロンでの前処理によって左右されると言っても過言ではありません。持ちが悪いと感じているアイリストは、前処理剤を見直すのも一つの方法です。

 

まつ毛ダニ予防になる

自まつ毛を清潔にする事は、まつ毛ダニ予防に欠かせません。まつ毛ダニは、皮脂や汚れを餌にするので、自まつ毛をしっかり綺麗にリセットする事で、寄生や繁殖のリスクを下げられます。まつ毛ダニは、画像でも確認でき、近年話題となっています。そもそもまつ毛ダニとは、自まつ毛の根本部分に棲みつくダニのことで、繁殖すると痒みや目の炎症などを引き起こす厄介な存在です。しかし、マツエク中はクレンジングや洗顔が、疎かになりがちなので、まつ毛ダニのリスクが高まります。

 

≫ オイルはOK?マツエク中のクレンジング選びとオフのコツ!

 

ホームケア用のクレンジングや、洗顔料では、完全に汚れを除去するのは難しいので、定期的にサロンに足を運んで、専用のアイシャンプーを使って、オフするようにしましょう。まつ毛ダニが一度繁殖すると、完全に除去するのは大変なので、前処理剤を入念にして、まつ毛ダニを予防できると良いですね。

 

≫ アイシャンプーはまつ毛ダニ対策に最適!効果や手順をご紹介

 

マツ育の助けになることもある

前処理剤は、自まつ毛のマツ育に力を入れている人にとっても、メリットがあります。前処理剤は、主に洗浄成分で構成されていますが、それ以外にも、保湿効果や除菌効果があるものも多いからです。「前処理剤を使うと傷みそう」と思うかもしれませんが、最近では、低刺激なものが増えています。むしろ、植物エキスや、美容成分が贅沢に配合されたものも多いです。例えば、保湿成分が豊富な前処理剤を使えば、自まつ毛の水分量が増えて、しなやかで美しいまつげを育みます。

 

また、適度な水分がある方が、グルーが安定するので、長持ちしやすいです。ヒアルロン酸やコラーゲンなどの成分は、ハリやコシを与える効果が期待できます。まつげを健康に保つ事は、見た目の美しさだけでなく、持続性に直結するため、自まつ毛の傷みが気になる場合は、前処理剤の成分を気にしてみると良いでしょう。

 

マツエク用のプライマーの使い方

前処理にかかる時間は、3分程度です。具体的に、前処理を行うアイリストの手順を見ていきましょう。

 

  1. アイテープで、目の周りの皮膚を保護。
  2. 乾いた斜めカット綿棒に、プライマーをたっぷり染み込ませる。
  3. 2本めの乾いた斜めカット綿棒を、自まつ毛の下に当てる。
  4. プライマーを染み込ませた綿棒を自まつ毛の上に置き、2本の綿棒で、まつげを挟む。
  5. 根元から毛先に向かってスライドさせ、汚れを拭き取る。
  6. この作業を繰り返し、全体を洗浄。
  7. コンプレッサーや、エアーポンプで乾かしたら完了。

 

前処理剤が、皮膚に付着しないように注意する事は大切ですが、汚れは、根本部分に溜まりやすいもの。また、グルーを装着するのも根元なので、しっかり生え際付近にあててから、スライドさせましょう。ただ、液ダレして前処理剤が目に入ってしまうと、強い痛みを感じるので、綿棒に含ませる量は調節して下さいね。

 

プライマーは薬局で買える?

基本的に、プライマーは薬局での取り扱いはありません。プロ用のマツエクの商材を買う場合は、商材店のオンラインショップ、もしくは実店舗を構えるマツエク商材店で注文します。オンラインショッピングのメリットは、取り扱う商品数がとても多い事です。様々な商材を見比べることが出来るので、理想のプライマーが見つかるはず。また、口コミを掲載しているサイトも多く、リアルな感想はとても参考になります。実店舗を構えるマツエク商材店は、商品を手にとって確認出来るので、安心して購入できるでしょう。店員さんは商品の知識が豊富なので、質問したり、おすすめ商品の情報を聞いたり、相談しながら決めたい人にも、おすすめです。プライマーが欲しい時は、ネットショップか、マツエク商材店をチェックしてみて下さいね。

 

マツエク用のプライマーの代用品はある?

エタノールと精製水を混ぜると、プライマーの代わりになるという情報を聞いた事があるかもしれません。しかし、専用のプライマー以外で代用するのはおすすめできません。確かに、エタノールは、油分をよく落としますが、刺激が強く、まつげが傷んだり、肌荒れしたりする事があるので危険です。また、市販のメイクシートを代用品にしようとする人もいますが、今度は逆に、洗浄力が弱く、汚れを落としきれないためNG。保湿成分が多く配合してあったり、オイルが含まれている製品もあるので、むしろグルーの定着を妨げてしまいます。

 

皮膚が弱く、プライマーを使うのが不安な人は、洗浄力が強いアルカリ性タイプではなく、弱酸性タイプを使用するのも一つの方法です。「コストを下げる為に、あるもので代用したい!」と思うかもしれませんが、エクステ専用の薬剤以外はトラブルのリスクがあるので、代用品を使うのは避けましょう。

 

おすすめのプライマーをご紹介!

ナチュラル ケア プライマー 100ml 【まつげエクステ専用 前処理剤】

白化現象の対策に最適なプライマー

前処理の選択肢が多く、何を選んだらいいのか分からない!というアイリストの方は、ぜひオルロの、ナチュラル ケア プライマー 100ml 【まつげエクステ専用 前処理剤】を試してみて下さい。このアイテムのポイントは、特殊な加工が施され、アルカリイオン水で作られた、100%日本製のプライマーです。界面活性剤を使用しておらず、アルコールフリーで、刺激が少ないので、目の際ギリギリまで安心して使用できます。

 

パントテン酸や、ケラチンなどの添加物が配合されていないのも魅力です。ph12.5〜13.5のアルカリ性タイプの前処理なので、洗浄力と除菌効果が高く、まつげの汚れを、根こそぎ除去できます。また、アルカリ性は、グルーの硬化を促進させる効果も期待できます。オルロの日本製グルーとの相性が抜群なので、グルーも合わせて使用する事で、エクステの時間の短縮や、持続性アップを狙えます。

 

アイシャンプーでスペシャルケアを!

サロンでのスペシャルケアとして、定期的にアイシャンプーを取り入れるのもおすすめです。アイシャンプーとは、まつげ専用のシャンプーで、アイメイク残りや皮脂などを除去する施術です。徹底的にオフする事で、眼病のリスクを軽減したり、マツエクの持ちを良くしたりする効果が期待できます。アイシャンプーは、マツエクをつけたままでも行う事ができます。マツエク中は、根元が汚れている事に気がつきにくく、不衛生な状態になっている事も多いです。しかし、マツエクを安全に楽しむためには、目元の清潔さは必要不可欠。アイシャンプーは、前処理と違い、サロンでは、オプションメニューになりますが、価格の相場は500円程なので、ぜひ取り入れてみて下さい。

 

≫ アイシャンプーはまつ毛ダニ対策に最適!効果や手順をご紹介

 

プライマーでマツエクが長持ち?代用品や人気商品もご紹介!【まとめ】

前処理は、エクステの持続性を高めたり、目元の健康を保つためには、欠かせない工程です。専用のプライマーを使う事で、普段の洗顔や、クレンジングなどでは落としきれない、皮脂汚れや、メイク残りを完全に除去します。初めてマツエクをつける方はもちろん、エクステのリペアのタイミングでも、必ず行いましょう。ノーメイクで来店した場合も例外ではありません。汚れを落とす事でグルーの定着を安定させ、結果的に、長く綺麗な状態を保てるようになります。また、まつげの汚れを餌にして寄生・繁殖する、まつ毛ダニ予防にも効果があります。汚れが溜まりやすいのは、まつげの根元なので、皮膚に付着しないように十分気をつけながら、生え際部分を入念に洗浄しましょう。敏感肌の方は、低刺激タイプを使用するなど、個人個人にあったプライマーを探してみて下さい。