まつげ美容液でマツエクを長持ちさせよう!効果や選び方は?

まつげ美容液マツエク ブログ

マツエクをつけている方は、「すぐ取れてしまう」「まつげのダメージが気になる」という悩みを抱えていませんか?そんな方は、まつげ美容液を使う事で、悩みが解決出来るかもしれません。この記事では、マツエク中の、まつげ美容液の選び方や注意点を紹介します。

 

まつげ美容液の効果とは?

まつげに栄養を与え、ハリやコシを与える効果が期待出来ます。自まつげが健康になれば、抜けにくくなったり、グルーの定着が良くなったりします。つまり、美容液で、ケアをしっかりすれば、マツエクの持ちが良くなるのです。即効性があるわけではないので、最低でも、1〜2ヶ月は続けるようにしましょう。推奨される使用頻度は、製品によって異なりますが、基本的に、朝と夜の1日2回、洗顔後に塗布します。自分に合った製品を使い続ければ、次第に効果を実感出来るはずです。

 

ドラックストア等で販売されている、まつげ美容液は、医薬品ではなく化粧品です。その為、増毛や育毛の効果が、医学的に認められていません。まつげを健康的に保ち、マツエクの持ちをサポートする為の、ツールの一つとして使用し、その他のアフターケアも抜かりなくする事が大切です。

 

マツエク中にまつげ美容液を使う時の注意点

使い方を間違えると、むしろ、マツエクが取れやすくなってしまう可能性もあります。使用前に以下の事を確認しましょう。

 

マツエクOKのものを使う

まつげ美容液を探す時は、マツエク中に使えるのか、必ずチェックしましょう。マツエク中でも使える商品は、グルーに悪影響を与える成分がカットされており、安心して使えます。市販の商品は不安だという方は、マツエクサロンに聞いてみて下さい。サロンで販売されている事も多いですし、おすすめの種類を教えてもらえます。

 

まつげをケアしながら、より長持ちさせたい場合は、マツエク用のコーティング剤を使っても良いでしょう。セルフケア用のコーティング剤には、美容成分が、豊富に含まれているものも多いです。まつげ美容液だけでなく、クレンジングオイル等も、マツエク中にOKか、しっかり確認してから使用して下さいね。

 

優しく塗る

グルーやエクステに、負担や摩擦が起きないように、優しく塗りましょう。接続部分は、少なからず、おうとつがあるので、引っかかりやすく、適当に塗ると、取れたり、ヨレたりする原因になってしまいます。まつげ美容液の効果を高める為には、目元から毛先まで、満遍なく塗るのがポイントです。

 

まずは、指の腹で、まぶたを上に引き上げ、まつげの下側の根元から毛先まで、まつげ美容液を優しく滑らせます。下側が塗り終わったら、伏し目にして、まつげの上側にも塗りましょう。下まつげも、先端部分を使って、丁寧に塗れば完了です。まつげ美容液は、つけすぎると、垂れて目に入ってしまうので、容器の縁でしごいて、適量を塗布して下さい。マツエクは、外的な刺激に弱い為、優しく扱うのが最も大切なポイントです。

 

まつげ美容液の選び方

様々なメーカーから、販売されているので、「どれを買ったら良いのか分からない」という方は多いでしょう。失敗しない為に、正しい選び方を、以下でチェックして下さいね。

 

まつげ美容液に求めるもので選ぶ

自分の悩みや、求めるものに合った、まつげ美容液を選びます。製品によって、配合されている成分や、その割合が変わる為、パッケージや、成分表示を確認して、商品の特徴を確認しましょう。例えば、ダメージが気になる方は、保湿成分や、補修成分が多いものがおすすめ。華やかさをプラスしたい方は、合成ポリマーや、ヒドロキシエチルセルロースと言った、ボリュームアップ効果がある成分が、配合されたものが良いですね。その他にも、まぶたも一緒にケア出来るものや、コーティング効果が高いものもあります。パッケージに「浸透補修」や「ハリ・コシサポート」等、おすすめのポイントが書かれている事が多いので、自分に合ったタイプを探しましょう。

 

安全性で選ぶ

まつげ美容液は、目に入ったり、まぶたに付着したりする事も、考えられます。目元は、皮膚が薄く、デリケートな為、安全性が高いものを選びたいですね。使用前には、刺激の強い成分が入っていないか確認しましょう。ノンシリコンや、防腐剤フリーのものは、敏感肌の方でも安心です。また、アレルギーテスト実施済みのものだと、より安心して使用出来ます。しかし、添加物が少ないと、刺激性は低いですが、傷みやすかったり、品質が変化しやすかったりする可能性も。冷暗所で保管し、早めに使い切るようにしましょう。

 

添加物が少なく、安全性の高いものを選ぶ事は、とても大切です。刺激が少ないものでも、全ての方に、トラブルが起こらない訳ではないので、使用前に、腕の内側に少量塗布し、問題なく使えるか確認して下さい。

 

まつげ美容液は塗布面の形状で塗りやすさが違う

美容液を塗る先端部分は、大きく分けて以下の3種類です。

 

  • チップタイプ
  • ブラシタイプ
  • 筆タイプ

人によって、使いやすさが違う為、ストレスがないように、自分が使いやすいものを選ぶ事が大切です。それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

チップタイプ

リップグロスで使われる事が多い、先端に、ふわっとしたチップがついたタイプです。マツエクに、引っかかりにくい為、初心者の方にもおすすめ。チップ部分に、たっぷりと美容液が絡み、根元から毛先まで、満遍なく美容液が行き渡ります。しかし、狙った所に、ピンポイントで塗るといった細かい作業は苦手です。チップの大きさによっても、使い勝手が違うので、一度でたっぷり塗りたい方は、大きめを、目尻や、目頭までじっくり塗りたい方は、小さめを選ぶと良いでしょう。チップタイプは、ソフトな触り心地なので、マツエクや、まぶたに負担がかかりづらく、不器用な方でも使いやすいです。初めて美容液を使用する方は、チップタイプを試して下さい。

 

ブラシタイプ

マスカラと同じ形状で、一度で広範囲に塗れます。普段マスカラをつけている方は、とても使いやすいはずです。美容液は、マスカラよりも粘度が少なく、たっぷりとブラシに絡むので、適量になるように、ボトルの口に当てて、量を調節しましょう。また、ブラシタイプは、接着面に刺激を与えやすいです。引っかかって取れてしまう事もある為、ブラシタイプのまつげ美容液は、あまり多くありません。一度で、広範囲に塗れて使いやすいので、短時間でケアしたい方に向いています。引っかかりに気を付けながら、塗るようにして下さいね。

 

筆タイプ

先端にいくにつれて、細くなっているものと、先端が、フラットになっているものがあります。どちらも細かい作業がしやすく、ピンポイントで塗りたい場所に届きます。根元や、下まつげに使用する際も、難しくないでしょう。しかし、一度に塗れる量が少ない事が、デメリットです。まつげ全体に塗布するのは、向いていません。また、細かい作業になるので、慣れるには、練習が必要です。その為、好みが別れるタイプでもあります。特に、根元のケアを頑張りたい方や、目頭やキワの塗り残しが気になる、という方は使用してみて下さい。

 

まつげ美容液でマツエクを長持ちさせよう!効果や選び方は?【まとめ】

まつげ美容液を使用する事で、自まつげが健やかに育ち、マツエクを長持ちさせる事が出来ます。使用する際は、必ずマツエクやグルーに、悪い影響を与える事のないものを選びましょう。また、塗布する刺激で、取れないように、優しく塗るのがポイントです。使いやすい形状は、人によって違います。まつげ美容液を、使った事がない方は、刺激を与えにくいチップタイプ、短時間でケアしたい方は、ブラシタイプがおすすめです。細かい所まで丁寧に塗りたい場合は、筆タイプが良いでしょう。色々使ってみて、自分に合ったものを選びましょう。まつげ美容液は、即効性があるわけではなく、一定期間塗り続ける事で、効果を感じられます。日々の習慣にして、マツエクを、長く綺麗に保って下さいね。