マツエクグルーの使用期限は?使用と保管方法の注意点も紹介

使用期限マツエク ブログ

サロンを運営する上で、必要経費となるマツエクグルー。出来るだけ保存状態を良くして、長く使えると嬉しいものですよね。この記事では、マツエクグルー専門店オルロが、グルーの使用期限と、基本的な保管方法、品質を長く保つ為の注意点をご紹介します。この記事を参考にグルーの使用期限の知識を取り入れて見て下さい。

 

グルーには使用期限があります

マツエクのグルーには使用期限があり、期限を過ぎた物は、品質上の問題から使用を避けるべきです。また、使用と保管状況によっては、使用期限を迎える前に廃棄を迎えてしまうケースもあります。使用期限と、廃棄の見極め時について見て行きましょう。

 

基本的な使用期限について

オルロのグルーの使用期限は、未開封で冷蔵庫保存の場合で6ヵ月、開封後は2〜3ヵ月です。ここで注意したいのは、未開封であれば劣化しない訳ではなく、開封前でもボトル内では品質の劣化が進んでいるということです。商品到着から長く未開封のままですと、開封後に使用出来る期間が短くなります。マツエクのグルーは、セールだからといってまとめ買いをするのには向かない商品だと言えるでしょう。また、グルーは高温多湿に弱い為、夏場は冬場よりも劣化が進みやすくなります。

 

使用期限前に廃棄した方がいいケース

使用期限を過ぎていなくても、施術時に以下のような違和感があるようでしたら、廃棄をしましょう。廃棄のサインは以下のような状態です。

 

  • 粘着がありドロドロしている
  • 容器を振った時に成分が混ざりにくい
  • 糸を引いている

 

出てこない時は?まだ使える?

ノズル部分が固まって出てこない時がありますよね。ピンで刺していただき、グルーが出てくるようであれば問題ありませんが、ノズル部分が固まってしまい出てこないのであれば、新しい物に変更しましょう。ノズルをハサミでカットして、グルーを出して使用する方もいらっしゃいますが、不意に中身が飛び出して洋服や皮膚につくことや、硬化時に熱を発生する特性上、火傷のリスクも伴います。ノズル部分でグルーが固まらない為にも、以下の点に注意しましょう。

 

  • 蓋を閉める都度、ノズルやキャップに付着したグルー・汚れをしっかりと拭き取る
  • キャップはしっかり確実に閉める
  • 施術後はアルミパックにグルーと乾燥剤(シリカゲル)を収め、チャックを閉じておく
  • 冷暗所で次の施術まで保管

 

使用期限を過ぎたマツエクグルーを使うと?

使用期限を過ぎたマツエクグルーは、硬化がある程度進んでいる状態です。接着力と持続力が弱まったり、白化現象発生のリスクがアップしたりと、クレームに繋がることも。また通常、グルーには防腐剤が配合されていますが、保管状態によっては腐敗のリスクもあり目元のトラブルに繋がりかねません。使用期限を過ぎたマツエクグルーの使用は、避けましょう。

 

マツエクグルーの使用期限を延ばす使用・保管方法

マツエクグルーを正しく使用・保管出来れば、鮮度を少しでも長く保ち、使用期限を引き延ばすことに繋がります。「グルーの劣化スピードが早い」「最近、モチが悪いという口コミが多い」といった場合には、使用・保管方法について見直してみて下さい。

 

使用上の注意点

最適な室温・湿度を心掛ける

グルーの使用は、室温23±2℃、湿度50±5%の環境下での使用が推奨されます。主成分のシアノアクリレートは空気中の水分と反応して硬化が始まるので、湿度の上がりがちな夏場は特に注意が必要です。

 

キャップの開け閉め

施術中は、15〜20分毎にグルーを出す為、蓋を軽く閉めてはいませんか?蓋を閉める際に、グルーがあふれ出てくることが多いですが、そのまま閉めずに、容器を斜め45度に傾けながらグルーがあふれ出なくなるまで待ちましょう。なお、キャップを閉じる際には、キャップとノズル部分についたグルーを、清潔な綿棒や専用のコットンで、しっかり拭き取ります。その都度しっかりとアルミパックに入れて、直射日光の当たらない冷暗所で管理することも大切です。

 

結露に注意

マツエクグルーを、冷蔵庫等で保管している方が多いと思いますが、室内が暑い状態で出してしまうと、ボトル内で結露が発生しやすくなります。キンキンに冷やしておいたペットボトル飲料をしばらく出していると水滴(結露)がついているのをイメージして頂くと分かりやすいかも知れません。ボトル内部で結露が発生すると、水分と反応する為、グルーの硬化がどんどん進んでしまいます。結露を防ぐ為には、18〜23℃の冷暗所での保存をし、取り出す際は、必ずサロン内の室温が25〜28℃程度まで下がっていることを確認しましょう。

 

保管上の注意点

開封後のグルーは18〜23℃の冷暗所に保管します。湿気やアンモニアガスがあると硬化を促進してしまうので、必ず付属のアルミパックに入れて、しっかりと密閉しましょう。予備のグルーの保管に関しては、12℃前後が理想です。一般的な冷蔵庫では、温度が低すぎるので、グルー専用の冷蔵庫があると便利でしょう。適温を守って管理することで、グルー容器内結露や、低温状態のリスクを軽減して、グルーを急激な劣化から守ることが可能です。

 

コスパの良いグルーの選び方

使用や保管上の注意点を守ることも、使用期限を延ばす為に大切なポイントですが、製品によっても使用期限の目安が異なります。出来るだけ長く品質を維持したい方は、製品を見直してみても良いでしょう。選び方のポイントを3つご紹介します。

 

鮮度の良さ

マツエクグルーは、ボトル詰めをした後から、劣化が始まっています。企業によっては、ボトリング後の劣化を抑える為に、成分やボトリングの方法に工夫をしているメーカーもあります。例えば、当店では、最高級のエチルシアノアクリレートを日光や光から守る為に、業界初の遮光フィルムをボトルに採用している商品をご用意しております。さらに業界初の完全密封ボトルで、グルーの鮮度を保つことに成功しました。そのため、未開封の場合、冷蔵庫保存で6ヵ月以内。開封後の使用期限は2〜3ヵ月と、保管期間が他社製品よりも長いのが特徴です。

 

まとめ買いはしない

未開封であっても、内部では劣化が進むので、まとめ買いはおすすめできません。セールだからと沢山ストックを購入しても、品質が劣化すれば廃棄は免れません。サロンで使用する数を把握して適正な在庫をキープすることが大切です。

 

使い切れる容量のものを選ぶ

個人のマツエクサロンの場合は、大きな容量の商品を購入しても、使い切れずに使用期限を迎えてしまい、廃棄分が多くなることも。当店では、通常の5mlサイズに加えて、少量の2mlタイプも取り扱いしております。常に新鮮な状態のグルーを使用できるので、仕上がりもコスパも良いものになるでしょう。

 

マツエクグルーの使用期限は?使用と保管方法の注意点も紹介【まとめ】

マツエク用グルーの使用期限は、一般的な商品であれば、到着後から未開封で2ヵ月、即日開封で1ヵ月程度の製品が多いです。とは言え、使用方法や管理の仕方によって、使えるまでの期限が早まることも。グルーの使用期限が想定以上に短い場合には、使用・保管方法を見直し、さらには、ボトリングなどの工夫をしている製品を選ぶと良いでしょう。正しくグルーを管理し、品質の維持・経費削減・ベストな状態での施術提供を、ぜひ目指して下さい。マツエクグルー専門店のオルロでは、全てのグルーに30日間の返金保証制度を設けています。グルーの品質、使用感、使用期限等、ぜひお手に取ってお試し下さいませ。あなたのサロンにとって、弊社のグルーが最高のパートナーとなれれば幸いです。

LINEの登録ボタン