マツエクが長期間取れない!グルーの種類や施術の3つのコツ

取れないグルーマツエク ブログ

グルーの種類や、施術の仕方によって、マツエクの持続期間を伸ばす事が出来ます。綺麗に長く保てるかどうかで、お客様の満足度が大きく変わる為、取れない為のポイントを確認しましょう。この記事では、アイリストなら知っておきたい、取れにくいグルーの種類や正しい扱い方を紹介します。

 

マツエクの平均持続期間

マツエクの平均的な持続期間は、3〜4週間程です。グルーは、時間と共に劣化し、2週間を過ぎると、徐々に外れたり、カールが取れてきたりして、3〜4週間程で、リペアやオフが必要になります。劣化の主な原因は、水分です。長時間濡れた状態が続くと、グルーがゆるみ、強度が落ちて、エクステの重さに耐えきれずに外れたり、少しの衝撃で、方向がズレてしまったりします。

 

例えば、運動習慣があり、汗をかきやすい方、温泉やプールによく行く方、目薬をよく使うという方は、グルーが濡れた状態が続く為、短期間で取れやすいです。また、目をこする癖がある方も、要注意です。摩擦によって、ポキッと折れてしまう事があります。平均的な持続期間である、3〜4週間よりも早く取れてしまう場合は、一度、生活習慣等を見直すと良いでしょう。

 

取れにくさはマツエクグルーの種類によって違う

一般的に使用されているグルーは、主成分によってエチル系グルーとブチル系グルーの2種類に分けられます。この内、取れにくいのは前者です。エチル系グルーの主成分である、エチルシアノアクリレートは、強度や持続性が優れている接着成分です。少量でも、短時間で硬く固定される為、接着面のごわつきが少なく、見た目も美しく仕上がります。アイリストにとっても、お客様にとっても、メリットが多いので、多くのサロンで使用されています。しかし、アレルギーの原因物質である、ホルムアルデヒドの放散量が多い点がデメリットです。

 

過去にマツエクが原因で、目がしみたり、皮膚がかぶれたりした経験がある方は、避けた方が良い種類でもあります。取れにくさを重視したい場合は、接着強度が高い、エチル系グルーがおすすめです。デメリットがある事を知り、体質や理想に合ったグルーを使うようにしましょう。

 

長期間取れないための施術のコツ

長持ちさせる為には、使うグルーの種類や、品質が大切です。そして、アイリストのスキルによっても、持続性に大きな差が出る為、以下のコツを押さえる必要があります。

 

前処理を丁寧に行う

まつげに付着した汚れや皮脂等を、前処理剤を使って洗浄する事で、長持ちさせる事が出来ます。もし、前処理が不十分で、まつげに汚れが残ったままだと、グルーの接着強度が落ちたり、浮いたりする原因になってしまうのです。施術前にアイメイクをオフしても、皮脂が落としきれていなかったり、クレンジングオイルが、流しきれていなかったりする事がよくあります。特に、根元部分は、皮脂やメイク残りが蓄積しやすい為、専用の薬剤を使い、完全に落とすようにしましょう。

 

前処理剤には、グルーの硬化を促進させたり、吸着を良くしたりする効果も期待できる為、グルーとの相性を考え、グルーと前処理剤は、同じメーカーの商材を使うのが、おすすめです。まつげの汚れや、皮脂をしっかりオフする事は、持ちを良くする為には、とても大切な事です。前処理は丁寧に行い、根元の汚れもしっかり落としきりましょう。

 

グルーの適量を見極める

グルードームからグルーをすくった際に、エクステの根元と、その少し上にグルーの玉が出来た状態が適量だと言われています。グルーの量は、多すぎても、少なすぎても、持ちが悪くなる為、適量を見極める事が、とても大切です。多くつける程、持続性が上がるように思うかもしれません。しかし、余分についていると、接着面に違和感を感じて、触ったり、こすったりしてしまい、その刺激で、取れてしまう事があります。逆に少なすぎると、接着面が狭くなり、当然ながら、持ちが悪いです。見た目も美しく、長持ちさせられるように、適量を心がけましょう。

 

個々にあったデザインをおすすめする

お客様一人ひとりの、まつげに合わせたデザインを提案するようにしましょう。自まつげとのギャップが少ない程、接着面が多く取れます、接着面が多く取れれば、自まつげにかかる負担が少ない為、長持ちしやすいです。基本的に、カールが強いエクステは、接着面を広く取りにくいので、持続性が悪くなります。また、太いエクステや、長いエクステは、その重さで取れやすかったり、毛の流れが変わったりしやすいです。JカールやCカールは、下がり気味な日本人のまつげにも馴染みやすく、接着面が広く取れます。太さは、0.1mm〜0.15mmだと、まつげが細い方でも、負担が少ないでしょう。長さは、自まつげよりも、2〜3mm程長いものを選ぶと、ナチュラルに、ボリュームアップして見えます。お客様の希望を取り入れつつ、早く取れないように、一人ひとりに合ったデザインを、提案していけると良いですね。

 

≫ マツエクは正しいカール選びで満足度UP!種類別に特徴比較

 

マツエクを取れにくくするためのアフターケアのコツ

アフターケアをしっかり行う事で、長持ちさせられます。カウンセリング等で、アフターケアのポイントを、しっかりと伝えましょう。

 

5時間は水に濡らさない

装着後は、最低でも、5時間は水に濡らさないようにしましょう。グルーは、数秒で完全に固まったように見えますが、実は表面が乾くまでに、5時間程度かかります。それ以前に、水に濡れると接着力が落ちて、取れやすくなってしまうので、避けるべきです。洗顔やお風呂はもちろん、汗をかいたり、目薬をさしたりする事も、避けるべきです。また、内部まで完全に硬化するのは、24時間程度かかると言われています。当日の入浴は、出来るだけ短時間で済ませ、水分を素早く拭き取って下さい。基本的に、5時間は水に濡らさない事が大切です。しかし、硬化にかかる時間は製品によって異なる為、取扱説明書を確認してお客様に正しく伝えましょう。

 

できるだけ触らない

目元を触らないというのは、長持ちさせるコツの一つです。グルーは、摩擦に弱く、触った拍子に、ポキッと折れたり、簡単に外れたりしてしまいます。日常生活はもちろん、洗顔や、クレンジングを使う時も、出来るだけ摩擦を与えないようにしましょう。メイクをオフする時は、多めにクレンジングフォームを手に取り、しっかりと馴染ませてから、優しくオフする事が大切です。洗顔フォームはネットで泡立てて、直接指が、エクステに触れないようにします。エクステをつけると、多少違和感がある為、無意識に触ってしまいがちです。しかし長持ちさせる為に、触りたい気持ちをグッと堪えて下さいね。

 

コーティング剤を塗る

自宅で出来るケアの一つが、コーティング剤を塗る事です。コーティング剤で、コートする事で、皮脂や水分をシャットアウトしたり、接着部分を強化したりする事が可能です。ホームケア用のコーティング剤は、大きく分けて、美容成分が多い商材と、コート成分が多い商材の2種類があります。美容成分が多いものは、まつげの傷みをケアする事で、自まつげごと、エクステが抜け落ちるのを防げるでしょう。コート成分が多いものは、撥水性に優れているので、汗っかきの方や、運動習慣がある方におすすめです。グルーは、油や水との相性が悪く、劣化の大きな原因になります。綺麗な状態を長く保つ為に、マツエク用のコーティング剤を使用するようにしましょう。

 

≫ マツエクコーティング使用で持ちがケタ違い!選び方&使い方

 

オイルフリーの化粧品にする

最近では、オイルフリーの化粧品が、肌に良いと注目を浴びていますが、これらの化粧品はマツエクの装着中にも向いています。前述の通り、油分は、グルーを劣化させる大きな原因になる為、それをカットした化粧品を使う事は、持続性を高める為に有効な方法です。例えば、クレンジングや乳液、日焼け止め、化粧下地、リキッドファンデーション等は、目元にも使う為、積極的に取り入れたいものです。クレンジングは、水クレンジングや、水性のジェルクレンジングタイプを選ぶと良いでしょう。余計な油分をカットする事で、肌への負担が軽減されるというメリットもあるので、肌荒れに悩む方にも、おすすめです。長持ちさせる為には、極力、油分に触れさせない事がポイント。マツエク中は、オイルフリーの化粧品に切り替えてみて下さい。

 

マツエクが長期間取れない!グルーの種類や施術の3つのコツ【まとめ】

マツエクの平均的な持続期間は、3〜4週間程です。しかし、施術方法やアフターケアによって、持ちが大きく変わる為、長持ちさせる為のポイントを知る必要があります。グルーの量は、多すぎても、少なすぎても、持ちが悪くなる為、アイリストは適量を見極めるようにしましょう。また、自まつげとのギャップがあるデザイン程、取れやすくなります。お客様の希望を取り入れつつ、個々に合ったデザインを提案しましょう。カウンセリング時には、ホームケアの方法をレクチャーするのも大切です。コーティング剤を塗ったり、オイルフリーの化粧品を使ったりする事をおすすめすれば、持続性がよりアップしますよ。グルーの扱い方や、アフターケアを見直し、マツエクを、長く綺麗に楽しんでもらいたいですね。