開封後のマツエクグルーの保管方法は?鮮度を保つためのコツ

マツエクグルー開封後マツエク ブログ

マツエクグルーに使用期限がある事を知っていますか?特に開封後は、保管方法によって、鮮度が大きく変わってくる為、適切な環境で正しく保管する事が大切です。この記事では、開封後のグルーの取り扱いや、新鮮に保つ為のコツ等について詳しく解説します。

 

≫ まつげエクステとは?今さら聞けない基本のキを優しく解説!

 

マツエクグルーの使用期限の目安

使用期限は製品によって異なりますが、未開封で2ヶ月、開封後は1ヶ月程度が一般的です。「思ったよりも短い」と思うかもしれませんが、グルーは、温度や湿度の影響を受けやすいデリケートな商材の為、製造直後から、時間と共に劣化していきます。また、季節によっても劣化速度が異なります。特に夏場は、湿度や気温が高い事や、昼夜の寒暖差が大きい事で、影響を受けやすいです。

 

オルロのグルーは、未開封で6ヶ月(冷蔵庫保存)、開封後は2ヶ月の期限と、通常よりも長持ちします。これは、厳選した原材料を使い、遮光フィルムや密封ボトルを採用する等の工夫により実現しました。

 

多くの製品は、未開封で2ヶ月、開封後は、1ヶ月以内に使い切る事が推奨されていますが、使用状況によって、それよりも早く期限切れになる可能性もゼロではありません。劣化のサインが見られたら、期限内であっても廃棄するようにしましょう。

 

マツエクグルーの保管方法は?

開封後の保管方法とあわせて、未開封の場合も紹介します。製品によって推奨される方法が違うので、詳しくはパッケージや付属の取扱説明書で確認して下さい。

 

開封後の場合

保管するのに最適な環境は、18〜23℃の冷暗所です。また、乾燥剤と一緒に、アルミパックに入れる事も忘れてはいけません。品質が安定する温度帯を保ち、湿気をシャットアウトする事で、劣化を遅らせる事が出来るのです。基本的にサロンの営業時間は、エアコンを稼働させ、これくらいの環境を維持しているでしょう。しかし、営業終了後には、エアコンを切るサロンも多いですよね。夏場は、室温が40℃を超える事も珍しくありません。

 

常温で保管が難しい季節はコスメ用冷蔵庫を活用することをおすすめします。コスメ用冷蔵庫とは、名前の通りコスメ用品を保冷する冷蔵庫です。庫内温度は10℃前後と、食品用冷蔵庫よりも高く、コスメ用品の保管に最適です。開封後は、特に劣化が進みやすいので、保管場所に気を付け、温度を18〜23℃に保つ事と、アルミパックに入れる事を周知徹底しましょう。

 

未開封の場合

コスメ用の冷蔵庫で、保管するのが良いでしょう。そうする事で、温度や湿度が一定に保たれ、光の影響も受けにくくなります。コスメ用冷蔵庫は、細かく温度設定出来るタイプもあり、グルーの保管にも適しています。また、容量が4リットル程度のコンパクトサイズを選べば、小規模なサロンでも邪魔になる事なく設置出来るはず。注意点として、グルーが冷えた状態で施術をすると、接着力が落ちる場合があります。使用する30分程前には取り出し、必ず常温に戻してから使用して下さい。

 

未開封のグルーも、保管方法を間違えると劣化が早く進みます。新鮮に保つ為に、コスメ用冷蔵庫の導入を検討してみて下さい。開封後に、長期間使用しない場合も、冷蔵庫に入れておくのがおすすめです。

 

開封後のマツエクグルーを新鮮に保つコツと注意点

少しでも新鮮に保つ為には、注意したい事がいくつかあります。どれも難しい事ではないので、習慣化するようにしましょう。

 

蓋の開け閉めに注意

蓋の開け閉めは、最低限にしましょう。頻繁に開け閉めをすると、その度に空気に触れる事になり、劣化を進めてしまいます。とは言え、途中で追加しなくてもいいように、プレートに大量に出すのは厳禁です。プレートに出してから、時間が経ったグルーで施術をすると、持続性や操作性が悪くなります。追加の目安は、15〜20分に1回程度です。その際は、先に出した部分と、別の部分に出すようにしましょう。

 

使用後は、内部の空気を抜いて、しっかりと蓋を閉めるのもポイント。多くの方が、当たり前にやっている事とは思いますが、忙しい時や、使い慣れていない容器だと、蓋が緩んだまま放置してしまう事もあります。新鮮さを保つ為には、空気に触れさせない事が重要なので、蓋の開け閉めを最小限にし、しっかりと密封するようにしましょう。

 

結露に要注意

グルーよりも室温が高いと、容器の周りや、内部の空気が冷やされて結露が発生します。グルーは、少量の水分でも硬化が始まるので、粘度が増したり、ノズルが詰まったりして、使えなくなる事も考えられます。保管する時は、容器内部の空気を抜いていると思いますが、絶対に冷えた状態で蓋を開けないようにしましょう。何故なら、内部に空気が入り込み、それがグルーに冷やされ結露が発生する事で、劣化の大きな原因になるからです。結露が発生しないとしても、急激な温度変化で、品質が変化する可能性もあります。冷蔵庫保存をする場合は、取り出す前に、エアコンで室内の環境を調節し、結露が出ないような配慮をしましょう。

 

短期間で使いきれる内容量を選ぶ

サロンの規模や、アイリストの施術スピードに応じて容量を決めましょう。開封後は、品質が変化しやすい為、早めに使う必要があります。一般的に多く販売されているサイズは、5mlや10mlです。施術可能人数の目安は、5mlで約50人程です。ただし、この人数は、施術時間によって大きく変わります。上記でも記載した通り、15〜20分程度で、新しいグルーを出す必要があり、時間がかかればかかるほど、グルーが余分に必要になるからです。

 

大容量の方が、お得に感じるかもしれませんが、熟練のアイリストは、施術スピードが速い為、グルーの減りが遅く、使い切る前に劣化してしまったり、期限が切れたりする可能性もあります。新鮮なうちに使い切れるように、容量はそれぞれのアイリストに合わせて選ぶといいでしょう。

 

開封後のマツエクグルーが劣化したサイン

テクスチャーが変わっている時は要注意です。水分を含んだり、内容成分が、分離している可能性があります。例えば、ドロドロしている、糸を引く、ダマになるというのは、劣化したサインです。その他にも、硬化しにくくなる事があります。ただ、グルーは空気中の水分と反応して硬化するという仕組みの為、湿度が高い時は、硬化スピードが速くなり、湿度が低い時は、硬化スピードが遅くなります。硬化速度に違和感がある場合は、まず湿度をチェックしましょう。施術環境が適切にも関わらず、硬化しにくい場合は、劣化の可能性が高いです。このように、テクスチャーや硬化速度が変化した時は、思い切って破棄するようにして下さい。

 

劣化したマツエクグルーを使うとどうなる?

劣化したグルーを使うと、お客様の満足度が下がり、顧客が離れてしまうことがあります。何故なら、持ちが悪くなったり、仕上がりが悪くなったりする場合があるからです。上記でも記載した通り、劣化したグルーは、粘度が増す事があります。必要以上に増粘すると、非常に扱いにくく、接着面がごわついたり、隣のエクステを巻き込んで、固まってしまう可能性もあります。

 

仕上がりの見た目が悪いだけではなく、瞬きをした時に、違和感があったり、痒みが出たりする事も。このようなトラブルがあると、そのサロンには、通いたくなくなるでしょう。破棄はもったいないからと、古いものを使うと、お客様の満足度は下がってしまいます。長い目で見ると、損をしかねないので、劣化したグルーは絶対に使用しないようにしましょう。

 

開封後のマツエクグルーの保管方法は?鮮度を保つためのコツ【まとめ】

マツエクグルーの使用期限は、未開封で2ヶ月、開封後は1ヶ月が目安です。しかし、保管状況によって、品質が大きく変化する事もあり得ます。湿度や光、温度変化でダメージを受ける為、一定の温度帯と、湿度で保たれる場所で、保管するようにしましょう。最適な温度は18〜23℃、光が届かない冷暗所がベストです。湿度の影響を受けないように、アルミパックに入れる事も忘れてはいけません。開封前や開封後に、長期間使わない場合は、コスメ用冷蔵庫で保管するのがおすすめです。この場合、結露が出来ないように注意する必要があります。出来る限りロスを出さない為に、蓋の開け閉めは最小限にする、最適な容量を見極める等のポイントを守り、新鮮な状態をキープして下さいね。