下まつげのマツエクで理想の目元が作れる?長持ちさせる4つのポイント

下まつげエクステとはマツエク ブログ

下まつげエクステは「取れやすそう」「ケバくなりそう」という不安があり、つけるのを躊躇っている方も多いのではないでしょうか。しかし、下まつげにマツエクを付ければ、いろいろな悩みを解決できます。そこで今回は、下まつげエクステを付けるメリットやデメリット、持ちをよくするための対策やポイントをご紹介します。

 

下まつげエクステとは?

下まつげエクステとは、その名前の通り下のまつげにつける人口のエクステのことです。ボリュームや長さなど、下まつげに関する不満を持っている方は多いでしょう。マスカラを一生懸命塗っても、夕方には滲んで余計汚く見えることがありますよね。そんな悩みを解決できるのが、下まつげエクステです。一見「目元が濃くなりすぎるのでは?」と思うかもしれません。しかし、上まつげエクステだけを付けるよりも上下のバランスがよくなり、自然な目元を演出できます。

 

» 【マツエクとまつ毛パーマの違い】どちらがおすすめですか?

 

下まつげエクステをつける4つのメリット

「目が大きく見える」というのが最初に思い浮かぶマツエク効果です。他には、どのような効果があるのか見ていきましょう。

 

目を大きく華やかに見せられる

下に向かって伸びたエクステが目の縦幅を広く見せるため、目が大きく見えるのが一番のメリットです。また、自まつげ同士のすき間が埋まり、ノーメイクでもアイラインを引いたようなくっきりと目立つ目元になります。

 

メイクの時短になる

下まつげは毛の流れが整いにくいため、ホットビューラーを使ったりまつげ用コームを使ったりと、マスカラを塗る前に下準備が必要なことが多いです。マスカラを塗る際も、ダマになったり下まぶたについたりと悩みは尽きませんよね。下まつげエクステをつけると、アイシャドーを軽く塗っただけでもしっかりとメイクしているように見えます。「アイメイクに時間がかかる」と感じている方は、一度試してみる価値が十分ありますよ。

 

小顔効果がある

下まつげエクステを付けると、顔の面積に対して目が占める割合が大きくなります。その分、肌の面積が狭くなり、小顔に見えるのです。目が中心に寄っている方は、目尻が横長になるようにオーダーすると、より小顔に見せられます。

 

メイク崩れが少ない

下まつげは涙や汗の影響を受けやすく、マスカラは滲んでしまいがちです。水に強いまつげエクステなら、パンダ目になる心配がありません。仕事柄なかなかメイク直しができない方や部活動などで汗をかきやすい方でも、メイク崩れのストレスから解放されるでしょう。すっぴんでもメリハリが効いた目元になるので、プールや温泉に行く予定がある方にもおすすめです。

 

下まつげエクステをつけるデメリット2つ

事前にデメリットを知ることで、対策を講じたり施術するベストなタイミングを探ったりできます。ここでは、一般的によくいわれるデメリットを紹介します。

 

上まつげエクステに比べて取れやすい

上まつげエクステは3〜4週間ほど持つのに対して、下まつげエクステは取れやすく、持ちは長くて2週間ほどといわれています。下まつげは細く、接着面が少ないことが持ちが短い大きな要因です。目の粘膜に近いため、グルー(接着剤)が染み、涙が出て接着力が落ちることもあります。毛の流れや向きによって、エクステ同士や上まつげと絡んでしまい取れることも。きれいに揃って下を向かない場合は、事前にまつげパーマをかけて毛の流れを整える方法もあります。

 

» マツエク向け低刺激グルーの持ちや速乾性は?種類と選び方を解説

 

下まつげエクステを施術できるサロンは少ない

下まつげエクステは上まつげとの兼ね合いや細かい作業が必要なことから、施術に高い技術が必要です。そのため、施術できるサロンが限られています。行きつけのサロンで施術ができない場合、サロンを変える、上下別々に予約する、などの手間がかかります。

 

デザインの選び方

付ける本数や太さ、カールによって仕上がりのイメージが大きく変わります。デザインを考える上で大切なことは、上まつげとの兼ね合いとナチュラル感です。上下共にボリュームを重視すると目力は出ますが、やりすぎ感と違和感がある目元になります。そのため、下はナチュラルなデザインを好む方が多いです。ここでは一般的におすすめとされているデザインの選び方を紹介します。

 

おすすめの本数

ナチュラルな目元にするなら、両目で30〜40本程度が理想です。ただ、本数が少なくても太いものをつければ、存在感がでます。自まつげの量や状態によってつけられる本数が変わるので、サロンで相談する必要があります。

 

おすすめの長さ

一般的によく使われる長さは、6〜8mmです。目頭、中央、目尻の長さをそれぞれ変えて、理想の目の形や雰囲気を作ることも可能です。例えば、中央を長くすれば縦幅が広く可愛らしい印象に、目尻を長くすれば横幅が広くセクシーな印象になります。

 

おすすめの太さ

0.1〜0.15mmを選ぶといいでしょう。当然ですが、太いほどまつげにかかる負担は大きく、取れやすくなります。違う太さをミックスしてもOKです。場所によってあえて変えることで、負担を最小限に抑えつつ、デザインの幅を広げられます。

 

カール

一般的にJカールをつけることが多いです。カールが緩いことから接着面が大きく、取れにくいという特徴もあります。ただ、もともとが逆まつげ気味な方は、余計逆さに見えてしまうこともあるため、Jカールはむきません。まつげや目元の状態に合わせて決める必要があるので、好みのものを選べないこともあります。

 

長持ちさせる4つのポイント

せっかく数千円かけてマツエクをするなら、なるべく長持ちさせたいですよね。そんな方は下記の方法を試してください。

 

長持ちするデザインを選ぶ

選ぶエクステが太すぎたり長すぎたりすると、重さに耐えきれず取れやすくなります。長持ちさせるためには、長さは自まつげより+3mmまで、自まつげと同じくらいの太さを目安に選ぶといいでしょう。

 

太く健康な自まつげを育む

持ちが極端に悪い場合は、自まつげが傷んで抜けやすくなっていることが考えられます。まつげを健康な状態に保つためには、まつ毛用美容液でのケアが有効です。コーティング成分が配合されたものを使えば、自まつげを健やかに育みつつ、エクステを保護できます。

 

ノーメイクでサロンに行く

サロンでメイクオフすると、油分やメイクの成分、水分が付着し、グルーの接着力が弱まってしまうことがあります。やむをえず仕事帰りなどに予約をした場合は、アイシャンプーなど、ケア用のメニューを一緒に受けると安心です。

 

» 【2021年最新】人気マツエクグルー3選がおすすめの理由

 

メイクは優しくしっかり落とす

長持ちしない一番大きな原因は、摩擦による刺激です。メイクをオフする時は、クレンジングを指で馴染ませた後に生え際から毛先に向かって、優しく撫でるように落としましょう。メイク汚れが残っていると自まつげがダメージを受け、抜けてしまうことがあります。エクステへの負担を最小限に抑えながら、しっかりメイクを落とすことも大切です。

 

信頼できるサロンの選び方

マツエクサロン選びを間違えると、エクステが1週間ほどで取れたり、理想とのギャップが大きくなったり、失敗する可能性があります。それだけでなく、目に傷が入ったり、皮膚トラブルが起きたり、ということも考えられるので、サロン選びは慎重にしましょう。具体的に、以下のことをクリアしていれば上質なサロンといえます。

 

口コミサイトを確認する

一番手軽なのが、ホットペッパーやGoogleマップなどで利用者の口コミを確認することです。公式HPの口コミはポジティブなことばかり書いていることがほとんどなので、外部のサイトをチェックするのがポイント。良い評価、悪い評価を満遍なくチェックすれば、どのようなサロンか分かります。

 

アイリストの資格を確認する

アイリストは、美容師免許の保有者であることが厚生労働省によって定められています。この国家資格の他にも、JLA(日本まつげエクステンション協会)JEA(日本アイリスト協会)の認定があるとより安心です。公式HPに記載されていることもあるので、一度確認してみましょう。

 

» 後悔しても遅い!セルフまつげエクステの危険性と深刻な理由

 

事前のカウンセリングが丁寧なマツエクサロン

こちらの要望を伝えた時に、「なんでもOK」と受け入れてくれると一見スキルが高いと感じられるかもしれません。しかし、上記でも記載した通り、最適なデザインは人によって違います。全て思い通りにならなくても、アドバイスや助言をしっかりと行い、一緒にデザインを考えてくれるサロンの方が結果的に満足度が高くなる傾向です。

 

» マツエクのアレルギーはグルーが原因?症状や対処方法を解説

 

下まつげのマツエクで理想の目元が作れる?長持ちさせる4つのポイント【まとめ】

下まつげエクステをつけると、目元が華やかな印象になるだけではなく、小顔効果やメイク時間の短縮など、さまざまなメリットがあります。ただ、取れやすいというデメリットもあるため、長持ちさせるためのポイントをおさえることは大切です。自まつげの負担にならないデザインを選んだり、アフターケアに力をいれたりすれば、長持ちしやすくなります。またボリューム重視の方でも、下まつげエクステはナチュラルなデザインを選択することがポイントです。最適なデザインは人それぞれなので、一度お気に入りのマツエクサロンで相談するといいでしょう。この記事を参考に、下まつげエクステで理想の目元を手に入れていただけると幸いです。