【マツエクとまつ毛パーマの違い】どちらがおすすめですか?

まつげパーマとマツエクの違いマツエク ブログ

まつげパーマ(マツパ)ブームの再来で、マツパをメニューに取り入れるアイラッシュサロンが増えています。そんな中、アイリストはマツエクとまつげパーマ、どちらをお客様におすすめすれば良いのかと悩んでしまいがちです。ここではマツエクとマツパの違いについて解説します。

 

» 【2021年最新】人気マツエクグルー3選がおすすめの理由

 

マツエクがおすすめな方とは?

エクステとは、グルーで人工のまつげエクステを付けてデザインする施術方法です。長さやボリュームが欲しいという方におすすめです。まつげの量が少ない方や、短すぎる方には、マツエクをおすすめします。お客様一人一人に合わせて自由にデザインし、様々な提案ができるのは、大きな魅力です。気をつけなければならないのは、カールのデザインです。まつげエクステンションでは、根元からまつげを立たせることができません。綺麗なカールが欲しいというお客様には、状態に応じてマツパをおすすめすると良いでしょう。まつげパーマをすると、根元から上がり、目が大きく見えるようになります。

 

マツエクのメリット

エクステは、つけるだけで華やかな印象を与えることができます。いつもより丁寧にお化粧をしなくてもいいので、朝のメイク時間を短縮できるというメリットがあります。また、根元が黒く見えるためアイライナーを引く必要もありません。自分の顔や目、好みに合わせて自由にカスタマイズできるのも魅力です。自分好みのまつげを手に入れることができます。また、オフすることも可能なので、いつでもつけ直しやデザインの修正、変更が出来ます。

 

マツエクのデメリット

デメリットは、エクステンションの取り扱いに注意しなければならないことです。定期的にメンテナンスする必要があり、それには費用がかかります。また、エクステを装着する際には、通常のクレンジングではなく、オイルフリーなクレンジングの使用を推奨しているお店がほとんどです。(オルロのマツエクグルーであれば、オイルクレンジングも使用可能です)また、エクステは自まつげに付けるのでエクステの重みを感じるような負担もあります。負担をかけないように、自分の長さに合わせたエクステンションを使用することが大切です。カールの角度が、自まつげの状態によって異なるのもデメリットの1つです。

 

» マツエクグルーとは?まつげエクステの基本知識を徹底解説!

 

まつげパーマ(マツパ)がおすすめな方とは?

まつげパーマ(マツパ)とは、まつげにカールを付けてデザインする施術方法です。自まつげが長くてボリュームがある方は、カールさせるだけで華やかな印象になります。自然な仕上がりをご希望のお客様には、おすすめです。また、まつげやまぶたの形でお悩みの方にも、まつげパーマが効果的です。特に逆まつげの方は、マツエクで対応するのは難しいです。マツパをおすすめする方が良いでしょう。立ち上げロットを使うことで、根元から持ち上げることができます。これにより、白目を大きく見せることができ、これもお客様に喜ばれるポイントとなります。また、技術によっては、たるみをリフトアップした印象にしたり、二重をより美しく見せたりすることも可能です。

 

まつげパーマ(マツパ)のメリット

メリットは、お手入れが簡単なことです。どんなクレンジングでも使うことができます。パーマを長持ちさせるためには、専用の乾燥を防ぎ保湿効果のある美容液を使う必要がありますが、それ以外のアフターケアは必要ありません。また、水や湿気にも強いので、アイメイクが崩れにくくなります。もうひとつの特徴は、自まつげそのものが上げることです。全体を均一にカールさせるので、仕上がりが美しく、目元がパッチリします。また、カールの角度を自由に選べるのも大きな魅力です。また、エクステに比べると費用が比較的安価である点も特徴です。パーマの持続期間は、一般的に3週間から1ヶ月半程度です。サロンに通う回数が少なくて済み、結果的にお金も節約することができます。

 

まつげパーマ(マツパ)のデメリット

デメリットは、自分の理想のデザインを作るのが難しいことです。マツエクと違って、毛の本数は決まっているので、まつげが短かったりすると、思い通りのデザインにするのが難しくなります。特にまつげが短い方は、マツパをかけて目元をぱっちりさせることが難しいです。パーマでは、ボリュームや長さは変えられません。また、パーマをかけ続けると、薬剤の種類によっては、まつげが傷んでしまうデメリットもあります。髪にパーマをかけると髪が傷むように、パーマをかける回数が多いと、より傷みます。目安として、次の施術まで1ヶ月半以上期間を空けなければいけないことはデメリットと言えるでしょう。まつげパーマに使用される薬剤は、頭髪用パーマ液と似た成分が使用されていた事例があり、当時は失明の被害が出たこともありました。使用される商材についてきちんと確認することが非常に大切です。

 

どっち?マツエクやマツパの違いと選ぶ際のポイント

エクステとマツパは、どちらもメリット・デメリットがありますので、双方の違いを理解しどちらが自分に合っているかをよく考えてから選ぶようにしましょう。ご自身のまつげ量が多く、手間と費用をかけたくない方は、パーマがおすすめです。また、まつげが下向きだったり、逆まつげになっている人も、パーマをすることによって悩みが解決します。量が少ないから、理想的なふさふさでボリュームのあるまつげにしたい、自分の好きなようにデザインがしたいという方には、まつげエクステがおすすめです。

 

お客様の目的に合わせて選ぼう

まつげに手を加えるだけで、顔の印象は大きく変わります。目元がぱっちりしていれば、見る人に明るく華やかなイメージを与えることができます。そのためには、マツエクとパーマの2種類の方法があります。どちらも良い点がありますので、お客様の目的に応じて選びましょう。

 

同時施術はできる?

サロンで導入しているメニューによっては、パーマをした後にマツエクをつけることも可能です。カールも長さもボリュームも諦めたくないというお客様には、ふたつの施術を同時に行う提案するのもひとつの方法です。ただし、マツエクとパーマを同時に行う場合には、注意が必要となります。パーマで傷んだ部分にマツエクグルーでエクステを装着すると、自まつげへのダメージが増してしまいます。顧客満足度を上げるためにご希望ご要望に対する提案を重ねることは重要なことですが、それがクレームになってしまっては意味がありません。必ず事前にデメリットや注意事項をお客様にお伝えしましょう。

 

どちらの方がまつげを痛める?痛める部分が違う

エクステは、毛根に負担がかかり、マツパは、まつげ自体に負担がかかります。施術技法に違いがあるので、どちらがまつげを痛めるかは判断が難しいのですが、痛める部分は違ってきます。負担軽減の目安ですが、マツエクの場合は、140本程度位までなら負担がかかりにくいと言われています。マツパは、サロンでの施術を受けるのを1ヶ月半以上空けるようにしましょう。もちろん、専用の美容液を使うことも必須です。

 

» 根元が白い?グルーによる白化現象の原因と対策【マツエク】

 

【マツエクとまつ毛パーマの違い】どちらがおすすめですか?【まとめ】

【マツエクとまつ毛パーマの違い】どちらがおすすめですか?を紹介しましたが、いかがでしたか。マツエクもマツパもメリットとデメリットがあるので、どちらにしようか悩んでしまうかもしれません。マツエクは、素顔でもボリュームを出したい方、元々自分のまつげが上がっている方、まつげが短い方におすすめですし、マツパは、自まつげが長い方、下がりまつげの方、ケアが大変な方に向いています。アイリストとしては、お客様の要望に応えれるように、お客様のまつ毛の状態や希望される仕上がりによって提案の幅が変えれるように、マツエクとマツパの知識を深めておくことが大切です。どちらにも対応できるサロンであれば顧客満足度もより上がりますので、この記事を参考にしてサロンワークに活かしていただければ幸いです。