マツエクカラーでこなれ感UP!取り入れ方や色別の印象の差

カラーマツエクマツエク ブログ

カラーマツエクに興味があるものの「自分に似合う色が分からない」という心配がある方も多いのではないでしょうか。まつげエクステは、カラーによって与える印象が大きく変わる為、理想や、パーソナルカラーに合わせて正しくチョイスする事がとても大切です。この記事では、カラーマツエクの取り入れ方や、色別の印象の違いを紹介します。

 

≫ まつげエクステとは?今さら聞けない基本のキを優しく解説!

 

カラーエクステのマツエクとは?

カラーマツエクは、ブラック以外のカラーがついた、まつげエクステの事を言います。あえて、自まつげとは違う色味を取り入れる事で、個性を出したり、デザインの幅を広げたり出来るのが、大きな魅力です。カラーマツエクの中では、ブラウン系が圧倒的に人気です。その他にも、カーキやベージュ、レッド、パープル、ブルー、イエロー等、様々なカラーがあり、メーカーによっても、色味が違います。

 

ブラックと同様に、長さやカールの強さ、毛質等を選べるサロンがほとんどです。「個性的になるのでは?」「自分には似合わなそう」と思うかもしれませんが、選ぶカラーや本数によっては、オールブラックよりも、むしろナチュラルに馴染む事もあります。「いつもとは、まつげエクステの雰囲気を変えたい」という方にも、カラーマツエクはおすすめです。

 

カラーマツエクの取り入れ方

具体的に、カラーマツエクは、どのようなデザインにするのでしょうか。基本的なパターンを3つ紹介します。

 

ポイント使いするマツエクデザイン

ベースは、ブラック等の、自まつげに近い色のまつげエクステを装着し、一部に、カラーエクステを装着する方法です。多くの場合、目尻に配置します。特に、レッドやイエロー等の原色系や、存在感のあるカラーは、ポイント使いされる事が多いです。ベースはブラック系なので、目力を保ったまま、変化を楽しめるのも嬉しいポイント。

 

カラーマツエクの部分だけ、オフしたり付け替えたりしやすいので、イベント時の短期間のおしゃれや、お試しとしても、おすすめです。本数が少ないと、発色が悪くなるので、少なくても、総装着本数の2割程度は、カラーマツエクにすると良いでしょう。一部だけ、カラーマツエクを取り入れるポイント使いのデザインは、ナチュラルにイメチェンできる為、初心者の方でも挑戦しやすいです。

 

全体につけるマツエクデザイン

思い切ってイメチェンしたい方は、装着する全てのエクステを、カラーマツエクにするのも、一つの方法です。カラーマツエク本来の色味が、綺麗に発色し、目元の印象が大きく変わります。パーソナルカラーや、ヘアカラー、普段のメイクに合わせて、色味を選ぶと、意外とナチュラルに馴染みます。ブラックと色彩が大きく違うカラーを選んだ場合は、グルーの色に要注意です。黒のグルーは、浮いて見える事があるので、透明や、薄い色のグルーを使うと良いでしょう。

 

カラーマツエクが初めての方は、全体につけるのは、勇気がいるかもしれません。しかし、自まつげに近い色を選んだり、グラデーションにしたりすれば、職場や学校でも浮かない、ナチュラルな状態を作れます。

 

ミックスするマツエクデザイン

複数のカラーを混ぜて装着する方法もあります。単色よりも、深みや立体感が出るのが魅力です。特徴的なカラーのエクステも、ブラックをメインにミックスすれば、個性的になりすぎません。また、「通常のマツエクは、つけてる感が気になる」という方は、ブラックエクステに、ネイビーやパープルをブレンドすると、透明感が出るのでおすすめです。逆に、イベント等で、しっかり個性的にしたい時は、オレンジ×ブルー、ホワイト×ピンク等、反対色や原色を入れると良いでしょう。

 

複数のカラーをミックスする事で、デザインの幅が、大幅に広がります。初めてカラーエクステをつける方にも、おすすめの取り入れ方です。

 

マツエクカラーの色味別の印象

選ぶ色味によって、どのような印象を与えるのかを知る事で、カラーを選択しやすくなります。この章では、人気のカラーマツエク4種類を例にして、色味別の特徴を紹介します。

 

ブラウン系

カラーマツエクの中で、最も人気があるのが、ブラウン系のカラーです。ブラウン系のマツエクにすると、優しい印象の目元になります。肌馴染みが良く、ブラックよりも、主張が激しくないので、自然に盛れるのです。特に、元々色素が薄く、黒目が茶色っぽい方は、ブラウン系のマツエクがよく似合います。ハーフ顔メイクや、ナチュラルメイクをする方にも、おすすめです。

 

また、ブラウンは、人気のカラーなだけに、ダークブラウンや、ピンクブラウン、イエローブラウン、カーキブラウン等、様々な色味があります。「派手な色は、学校や職場でNG」という方でも、ブラウンに、他の色味が入った、カラーマツエクをつければ、気分が変わるかもしれませんね。ナチュラルで、柔らかな仕上がりが好みの方は、ブラウン系のカラーマツエクに挑戦してみて下さい。

 

カーキ系

アースカラーでもある、カーキのエクステは、透明感があり、程よい抜け感を演出します。落ち着いた色味なので、大人の女性にも受け入れられやすく、意外と人気の高いカラーです。特に、パーソナルカラーが、イエローベースのスプリングとオータムタイプの方は、よく似合います。ブルーベースの方は、明るめのトーンのものを選ぶと、馴染むでしょう。

 

目の形や、合わせるメイクによって、クールに見えたり、柔らかな雰囲気になったりと、様々な表情に変化するのも、面白いところ。肌馴染みも良く、装着感が少ないので、バッチリメイクよりも、抜け感があるメイクが好きな方に向いています。ブラウン系は飽きてしまった、という方にも試して欲しい種類です。

 

ピンク系

ピンク系のカラーマツエクは、華やかで、可愛らしく、女子ウケ抜群のカラーです。血色が良く見えるので、肌が明るく見え、若々しい印象を与えます。ピンクは、ブラウンとの相性が良いので、ブラウンエクステと、ミックスするのも、おすすめです。少しピンクを混ぜるだけで、大人っぽさを残しつつ、ガーリーな目元になります。ピンク系に興味があるけれど、甘すぎるのは苦手、という方に、おすすめのつけ方です。

 

アクセントとして、ビビットピンクを目尻に装着すれば、パッと目を引くデザインになります。パーティーや、イベント前にもぴったりですね。ピンク系は、女の子らしい、魅力的な目元を演出するのに最適な、カラーマツエクと言えるでしょう。

 

ブルー系

ブルー系は、クールで凛とした印象の目元を、演出します。青色は、清潔感や知性、清涼さをイメージする方が、多いのではないでしょうか。海や晴天も連想させるので、夏におすすめのカラーです。一見、個性的になりそうですが、ダークブラウンや、ブラックとも馴染みやすく、自然に、カラーマツエクを楽しむことができます。「ブルーのカラーマツエクを、メイクのポイントに使いたい」という方は、ターコイズブルーや、明るいトーンをチョイスするのがおすすめ。大胆ながら軽やかで、目を惹きつけます。

 

ブルー系は、知的で、爽やかなイメージがあるので、可愛い系よりも、クール系のファッションや、メイクを好む方に向いています。落ち着いたトーンや、彩度のものなら、自まつげとの馴染みも良く、初心者の方でも、気軽に取り入れやすいでしょう。

 

カラーエクステは下まつげにも装着できる

下まつげ用の、カラーマツエクもあります。まつげに、量や長さが出るので、目力がアップするのはもちろん、下まぶたの、アイシャドウ効果があるのも嬉しいポイント。例えば、レッド系のカラーマツエクをつければ、血色が良く見え、健康的な目元になります。

 

≫ 下まつげのマツエクで理想の目元が作れる?長持ちさせる4つのポイント

 

通常のアイシャドウと違って、よれたり、落ちたりする事がないので、汗をかきやすい夏場にも、おすすめです。下まつげに装着する場合は、上まつげとのバランスを考えるようにしましょう。上は目力重視で、ブラックをチョイスする場合も、下まつげと同じ色の、カラーマツエクを少しミックスするのも良いですね。「カラーマツエクに興味はあるけど、似合うか不安」という方は、目立ちにくい、下まつげから挑戦するのも一つの方法です。アイシャドウ効果もある為、すっぴんにも自信が持てますね。

 

マツエクカラーでこなれ感UP!取り入れ方や色別の印象の差【まとめ】

カラーマツエクを使う事で、マツエクデザインの幅が大幅に広がり、より理想の目元に近づける事が可能です。メイクのアクセントとして、目尻に装着したり、黒をベースに、カラーエクステをミックスするつけ方だと、初心者の方でも、挑戦しやすいですね。中でも、ブラウン系は、肌馴染みが良く、誰でも取り入れやすい種類です。ブラックよりも、装着感が少ないので、学生さんや、OLさんにもおすすめ。カーキ系は、抜け感があり、大人の落ち着きを演出します。クール系メイクにも、ナチュラルメイクにも合うので、つける人を選びません。このように、カラーによって与える印象が大きく変わる為、理想の仕上がりに合わせて、正しくチョイスする事が大切です。アイリストとしっかりと相談しながら、上手くカラーマツエクを、取り入れてみてはいかがでしょうか。