まつげエクステに必要な材料費の相場は?激安品は危険なの?

マツエク材料マツエク ブログ

まつげエクステの材料を揃える前に気になるのが、「どれくらいの費用がかかるか」という事ではないでしょうか。必要以上の経費がかからないように、それぞれの材料の相場を知る事は、とても大切です。この記事では、材料費の目安や、購入方法等について解説します。

 

マツエクの必須材料をおさらい

一般的にマツエクに必要な材料は、全部で8個です。

 

  • エクステ
  • グルー
  • グループレート
  • ツイーザー
  • リムーバー
  • 前処理剤
  • コーティング剤
  • サージカルテープ

 

エクステはお客様の要望を実現させる為に、カールの強さや長さ、カラー等を豊富に取り揃えたいもの。とは言え、種類を多くすれば、その分費用がかかり、在庫管理も大変になります。まずは、定番の型を揃えてから、徐々に増やしていくと良いでしょう。この8個の基本材料は、持ちや仕上がりに大きな影響を与える為、納得出来る材料を揃えるようにしたいですね。

 

≫ マツエクは正しいカール選びで満足度UP!種類別に特徴比較

 

マツエクにかかる材料費の相場

材料費の相場を知る事で、経費を抑えたり、粗悪な商品を、選んでしまったりする事が少なくなるはず。具体的に、それぞれの材料費の目安を紹介します。

 

エクステ

シングルラッシュ1ケースで、2,000円〜3,000円が相場です。素材によって価格が変わる為、多くのサロンでは、素材に合わせて施術料金が変動します。素材は大きく分けて、シルク、ミンク、セーブルの3種類があります。多くのサロンで採用されているのは、シルクです。最も安価で、カールが取れにくいのが特徴。しかし、ハリやツヤが強い為、人工的な印象を与える事もあります。ミンクは、シルクよりも、やや高価です。柔らかく、初心者でも、違和感が無いつけ心地になります。最も高価な素材は、セーブルです。軽く柔らかいので、つけ心地が抜群です。エクステは、素材によって価格が変わる為、どの素材を取り入れるのかも、慎重に決める必要があります。

 

グルー

グルーの相場は、5mlで3,500円〜4,500円です。グルーは、主成分の種類や、原産国によって価格に差があり、日本製の商材やブチルシアノアクリレートを主成分にしたグルーは、価格が高くなる傾向があります。当店の、国産マスターピースグルー【メディカルハイグレード 5ml 速乾】は、5mlで5,726円、国産マスターピースグルー【速乾オールマイティーグレード 5ml】は、5mlで4,319円です。相場に比べて、決して安くはありませんが、ボトルや、内容成分の全てを国内で生産している事や、持続性が最長で2ヶ月程度ある事など、品質には絶対の自信を持っています。その為、コストパフォーマンスは良いといえるでしょう。

 

グルーは種類も多く、価格に差がある為、出来れば安く揃えたいと思うかもしれません。しかし、品質は値段に比例する事が多い為、相場よりも安い商品を選ぶのは避けた方が良いでしょう。

 

グループレート

プレートの相場は、500円前後です。素材は、天然石やガラスが一般的です。天然石は温度が低い為、グルーの硬化を遅らせる効果が期待出来ます。ガラスタイプは、キラキラした見た目が可愛らしく、おしゃれなサロンに馴染むでしょう。その他にも、プラスチック製の使い捨てタイプや、表面に、撥水加工等のコーティングを施したプレートもあります。グループレートに貼るグルーシートを併用すると、片付けが楽になるだけでなく、衛生的です。シートは、アルミ素材で出来ているものや、専用ペーパー等があります。30枚で300円〜800円程度なので、後片付けの手間を考えると決して高くないのではないでしょうか。

 

ツイーザー

ツイーザーの相場は、1,000円程です。素材によっても異なり、チタン製はやや高価になります。ツイーザーの形状は主に3種類で、ストレートタイプ、カーブタイプ、ワイドタイプと呼ばれるのが一般的です。それぞれ使い道が異なる為、数種類揃えます。素材は、ステンレスやチタンが多いです。チタン製は、金属アレルギーの方でも、アレルギーを起こしにくいのでおすすめ。また、メーカーによって、重量やバネの強さ等が変わり、使いやすさは人それぞれ違います。出来れば、実際にいくつか試して、自分が使いやすい、ツイーザーを見つけると良いでしょう。

 

≫ ツイーザーとは?マツエクに必須!選び方や正しい使い方を解説

 

リムーバー

リムーバーの相場は、5gで400円程です。一般的に使用されるのは、クリームタイプとジェルタイプです。それぞれ用途が異なるので、最低でも2種類は用意するようにしましょう。基本的にクリームタイプは全体オフに、ジェルタイプはポイントオフに使用します。使用期限がある為、無理なく使い切れる容量を選ぶ事、ストックしすぎない事が大切です。オルロでは、刺激の強いアセトンを排除した、安全性の高いリムーバーを販売しています。敏感肌の方や、まつげにダメージがある方でも、安心してお使い頂けます。

 

≫ リムーバーの種類や使い方・注意点を解説【マツエクをオフ】

 

前処理剤

前処理剤の相場は、100mlで1,500円〜2,000円程です。前処理剤を使う事で、まつげに付着した皮脂や油分、汚れ等を取り除く事が出来ます。持続力が、格段にアップする為、必ず使用しましょう。グルーとの相性を良くする為に、グルーと前処理剤は、同じメーカーで揃えるのがおすすめです。従来は、エタノールが配合されている商品が多くありました。しかし、エタノールは毛の色素が脱色されたり、においが強かったりと、デメリットが多いです。出来れば、アルコールを含まない商材を選びましょう。

 

コーティング剤

コーティング剤の相場は、10gで2,500円〜3,000円程です。施術後に無料で塗布するサロンもあれば、オプションとして、500円〜1,000円程度で、付け加える事が出来るサロンもあります。ホームケア用のコーティング剤は、毎日塗り直す必要があるのに比べて、サロンで使用するコーティング剤は、一度塗ると、数週間は効果が持続するのが特徴です。持ちが良くなったり、見た目が華やかになったりする効果があるので、サービスすれば、お客様の満足度がアップするはず。コーティング剤の購入にかかった費用や、塗布する手間を加味して、無料で行うのか、有料にするかは慎重に検討して下さい。

 

≫ マツエクコーティング使用で持ちがケタ違い!選び方&使い方

 

サージカルテープ

サージカルテープは、10mで150円程です。まとめ買いをすると、安くなる事が多いです。傷みにくい消耗品なので、ある程度まとめて購入しても良いでしょう。サージカルテープは、幅や質感等、様々な種類があります。マツエクにおすすめの幅は9mm。太すぎず、細すぎず、マツエクの施術に適しています。撥水性があり、グルーが付着してしまった際にも、浸透しにくいものを選びましょう。かぶれにくい、低刺激タイプのものだと、敏感肌の方でも安心です。

 

マツエクの材料は店舗で買える?

マツエクの材料は実店舗で買う事も出来ます。しかし、実店舗の数は少ないのが現状で、東京や大阪等の都市部に集中しています。実店舗で買う一番のメリットは、実物を見て購入出来る事です。エクステの質感や、ツイーザーのバネの強さ等は、ネット通販の場合だと分かりづらいので、実物を見て買う方が失敗は少ないでしょう。実店舗を構えている商材店の多くは、ネット通販もしています。地方の方が足を運ぶのは、なかなか難しいかもしれませんが、出来れば、一度は実店舗を訪れ、気に入ったものを見つけたら、次からは、ネット通販を利用するのがベストです。マツエクの材料は、ネット通販で買うイメージが強いかもしれませんが、実店舗もあります。実物を見て買う方が安心出来ると思うので、近くにマツエク商材店があるか確認してみると良いでしょう。

 

≫ 市販でマツエクキットは売ってるの?グルーの購入場所を解説

 

マツエクの材料の中でも激安グルーには要注意!

激安で販売されているグルーの大半は、安全性が不明な海外製です。国内で製造販売しているものは、原材料にこだわり、安全面を考えて作られている為、激安で売るのは難しいとされています。海外製の激安グルーは、日本では刺激が強すぎて配合される事のないメチルシアノアクリレートという成分を使っている事があります。しかし、マツエクグルーは雑貨扱いとなるので、成分表記が義務付けられていません。激安グルーは、成分が不明な事も多いです。何が配合されているか分からない、激安グルーを購入して、トラブルが起きてしまっては、サロンの信用問題に繋がります。

 

もちろん、高品質な海外製グルーもありますが、激安のグルーは、安全性や、成分の透明性が不明な、海外性の商材が多いです。値段にとらわれず、成分がしっかりと明記されているものを選びましょう。

 

まつげエクステに必要な材料費の相場は?激安品は危険なの?【まとめ】

マツエクに必要な材料の相場を知る事で、コストを抑えたり、良質な材料を見分けたり出来るようになります。エクステや、グルーは、激安な商品も多くありますが、価格によって質が変わりやすいです。相場に比べて、安すぎる場合は、毛質が不自然だったり、刺激の強い成分が配合されていたりします。コストを抑える事だけに重点をおくと、質の良い施術を提供するのが難しくなるでしょう。購入前には、原産国はどこか、原材料の表示はあるか、チェックをするようにしましょう。また、材料はネット通販だけではなく、実店舗でも購入可能です。お店は都心部に集中している為、地方の方は、なかなか足を運ぶのは大変かもしれませんが、実物を見て購入すれば、失敗が少なく、結果的にコストを抑えられる事もあります。ぜひ一度、近くにマツエク商材店があるか、確認してみて下さいね。