マツエクグルーの保管は冷蔵庫?常温?鮮度を保つ為の注意点

冷蔵庫マツエク ブログ

いざマツエクの施術をしようとした時に「グルーのテクスチャーがいつもと違う」「硬化しにくい」と感じたことはありませんか?使用期限内にも関わらず不具合を感じる場合は、保管方法が間違っている可能性があります。この記事では、正しい保管方法や鮮度を保つ為のポイント等を紹介します。

 

ランキング
新規会員登録のキャンペーン

≫ 【シークレットセール】今すぐ会員登録で全商品20%OFFの優待クーポンGET【今だけ】

※ クーポンコードは会員登録後の自動配信メールに記載しております

間違った方法でマツエクグルーを保管すると起こること

正しく保管出来ていないと、ドロドロになって糸を引いたり、硬化しにくくなったりするというリスクを引き起こします。グルーは気温や湿度の影響を受けやすく、適切に管理できないと劣化して品質が変わってしまうのです。例えば、グルーが冷えすぎたり温まりすぎたりすると、接着速度や強度が落ちる可能性があります。また、多湿な環境で保管や使用を繰り返すと、テクスチャーが硬くなる可能性も。グルーの主成分である、シアノアクリレートが空気中の水分と反応して、硬化を進めてしまうからです。

 

保管の環境によって劣化の症状は様々ですが、テクスチャーや硬化速度が、いつもと違うと感じた時は要注意。仕上がりの質や安全面を考慮し、少しでも違和感を覚えたらすぐに廃棄して、新しい物と取り替えるようにしましょう。

 

施術環境もマツエクグルーに影響する

施術空間の室温と湿度の目安は、室温23±2℃、湿度50±5%です。これは、お客様が快適に過ごせる空間であり、グルーも適切に管理出来る環境になります。グルーは空気中の水分に反応して硬化する為、特に湿度の管理は重要です。例えば、湿度が高すぎると、白化現象を起こすリスクが高くなります。逆に空気が乾燥しすぎていると、硬化速度が緩やかになり施術に時間がかかります。

 

冬場はもちろん夏場でも、エアコンを使用すると空気が乾燥しやすい為、加湿器や除湿器を使用して湿度を一定に保つことが大切です。各部屋に温度計や湿度計を配置して、こまめに適正な施術環境が保たれているかチェックしましょう。

 

マツエクグルーの鮮度を保つアイテム

日本は四季がある為、季節によってグルーを取り巻く環境が大きく変わります。出来るだけ、一定の環境を保つ為のおすすめアイテムを2つ紹介します。

 

コスメ専用冷蔵庫

外気温や湿度、光の影響を受けづらくなる、コスメ専用冷蔵庫を導入するのがおすすめです。名前の通りコスメを保管するのに適した冷蔵庫で、庫内は10〜14℃程度に保つことが出来ます。グルーの保管の最適温度は18℃〜23℃。適温よりは少し低い環境にはなりますが、温度を一定に保てるというのは大きな魅力です。また、サイズ感もコンパクトな為、省スペースなサロンでも邪魔にならないはず。見た目がおしゃれな物が多いので、サロンの雰囲気を壊すことなく設置できます。

 

「専用の物を用意せず、食品用の冷蔵庫でもいいのでは?」と思う方もいるでしょう。しかし食品用冷蔵庫の庫内温度は5℃前後なので、グルーを保管するにはかなり低く、品質を損ねかねません。コスメ専用冷蔵庫を上手に活用して、グルーの劣化を抑えましょう。

 

グルー専用アルミパック

アルミパックは、空気や光を遮断する為に使用します。湿気や光に弱いグルーは、外部からの影響を受けにくくしてから保管することが重要です。シリカゲルを一緒に入れて、チャックを確実に閉めるのが大切なポイント。シリカゲルが袋の中の余分な水分を吸湿し、最適な湿度に保ってくれます。コスメ専用冷蔵庫に保管する際も、必ずアルミパックに入れましょう。

 

アルミパックはグルーに付属されていることが多いですが、破れたり無くしたりすることがあるかもしれません。出来れば、予備を複数枚用意しておくと安心です。グルーは未開封でも劣化が進む為、空気や光から守る為に、専用のアルミパックに入れて保管して下さいね。

 

マツエクグルーをコスメ専用冷蔵庫で保管する時の注意点

グルーを新鮮に保つ為に、コスメ専用冷蔵庫を使うことは有効な方法です。しかし、使い方を間違えると、逆に劣化を早める原因になります。特に注意したい点を3つ確認しましょう。

 

» マツエクグルーの保存方法の決め手は?プロが保管方法を解説

 

結露に気をつける

結露を防ぐ為には、グルーと室温の温度差が無くなってからキャップを開けることが大切です。そうすることで内部に結露が発生しにくく、水分による劣化を抑制できます。グルーのキャップを閉める時は、しっかりと内部に溜まった空気を押し出しているはずです。せっかく容器に空気がない状態なのに、冷えた状態でキャップを開けると暖かい空気が内部に入り込み、グルーに冷やされて結露が発生してしまいます。

 

結露のリスクを下げる為には、事前にエアコンで部屋の温度を調節することも有効です。グルーと室温の温度差を最小限にしてから取り出しましょう。グルー劣化の大きな原因の一つは水分がつくことです。結露による劣化を防ぐ為には、常温に戻してから開封するようにしましょう。

 

常温に戻して使う

冷蔵庫から出したてのグルーを使用すると、接着が悪くなる可能性があります。分子の動きが鈍くなり、グルーの安定性が損なわれるのです。使用する15〜30分前には冷蔵庫から出して、グルーの温度が23±2℃程度になるようにしましょう。逆に常温よりも高くなると、粘度が増してしまうことがあります。急激な温度変化は厳禁なので、冷たいからと直射日光が当たる場所や、エアコンの温風等で無理やり温めることは絶対に厳禁です。また、長時間使用していないと成分が沈殿したり、偏ったりしてしまいます。

 

グループレートに出す前に、しっかりと振って成分を一定にしましょう。グルーは温度によって接着力等が変わることがあります。必ず施術の15〜30分前には冷蔵庫から出して、常温に戻してから使用するのがポイントです。

 

出し入れは最小限にする

グルーは、使用の度に冷蔵庫に入れる必要はありません。逆に何度も温度変化が起こり、グルーの品質が変わるリスクが高くなります。基本的にサロンの営業中は、空調の調節がされているはずです。その為、冷蔵庫ではなく、直射日光の当たらない冷暗所に保管するようにしましょう。また、コスメ専用冷蔵庫は、コンパクトサイズなだけに、扉の開け閉めで庫内の温度が変化しやすいです。使用するグルーの置き場所を決めておき、素早く出し入れをするようにしましょう。

 

コスメ専用冷蔵庫を使用するのは、グルーの温度を一定に保つ為です。何度も出し入れしては逆効果になる為、1度出したら基本的に営業が終わるまでは冷暗所で保管するようにしましょう。

 

マツエクグルーはストックしない

グルーは必要以上にストックしないのがベストです。製品によって使用期限は異なりますが、当店のグルーは、冷蔵庫保存で未開封で6ヵ月程度、開封後は2〜3ヵ月程度が目安になります。保管方法や使用頻度によっては、劣化がより早く進行することも考えられます。

 

特に昼夜の寒暖差が激しい時期や、高温多湿になりやすい梅雨時期は、より管理が難しくなります。こまめに在庫チェックをして、自分のサロンに適したストック数を見つけることが大切です。使用期限が短く、デリケートなグルーはストックせず、新鮮な内に使い切れるように、予約数や季節に合わせて在庫管理に気を配りましょう。

 

マツエクグルーの保管は冷蔵庫?常温?鮮度を保つ為の注意点【まとめ】

マツエクグルーは急激な温度変化や湿気により劣化が早まります。その為、温度と湿度を管理しやすいコスメ専用冷蔵庫を使用することは、新鮮に保つ為に有効な方法です。ただ、室温との差が生まれやすい為、結露を発生させないことや、出し入れを頻繁にしない等の注意点を守る必要があります。また、グルーの使用期限は、開封後は2〜3ヵ月程度と短いです。(開封後1ヵ月以内に使い切るのが品質を保つには、ベストです)もし劣化したグルーで施術をすると、操作性や持続性が悪くなるリスクがあります。新鮮な内に使い切れるように、必要以上にストックしないようにしましょう。使用期限を守ることはもちろん、期限内でも、テクスチャーや硬化速度に違和感を覚えた場合は、すぐに破棄して新しい物を使って下さいね。