ブチルシアノアクリレートを配合したグルーの特徴と注意点は

マツエク ブログ

「ブチル系グルーは、使い勝手が良くない」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。しかし、エチル系にはない魅力があり、使い方によっては、お客様の満足度をアップさせることも可能です。この記事では、ブチルシアノアクリレートを主成分とするグルーの特徴や、おすすめ商品などを紹介します。

 

ランキング
新規会員登録のキャンペーン

≫ 【シークレットセール】今すぐ会員登録で全商品20%OFFの優待クーポンGET【今だけ】

※ クーポンコードは会員登録後の自動配信メールに記載しております

ブチルシアノアクリレートとは?

ブチルシアノアクリレートは、柔軟性と強い接着力を持つ、瞬間接着剤の一種です。医療現場でも使われるほど、安全性の高い成分で、皮膚の損傷や、傷口を塞ぐのにも使われます。目元にも、安心して使用できるので、マツエクグルーの主成分になることも多いです。しかし、グルーに配合されるブチルシアノアクリレートは、医療用の成分ではありません。医療用として認められるためには、厳しい基準をクリアする必要があり、グルーの場合は「医療グレード」と表現されています。

 

医療用とまではいかずとも、刺激性は少ないので、敏感肌の方や、アレルギー体質の方にもおすすめ。ブチルシアノアクリレートは、毒性が低いため、デリケートな場所に用いる、マツエクグルーの主成分としても最適です。

 

マツエクグルーの種類と特徴は?

グルーは主成分によって、ブチル系接着剤とエチル系接着剤に分けられます。それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

ブチル系グルー

最大の魅力は、アレルギーが起こりにくい事です。グルーは、硬化する時に、ホルムアルデヒドと呼ばれる、人の粘膜や、皮膚に刺激を与える化学物質を放散します。ブチル系は、このアレルギー物質の放散量が少ないのです。また、硬化後も柔軟性があるので、装着の違和感が少ないのも、メリットの一つ。しかし、硬化速度がゆっくりな点と、強度がやや弱いのが、デメリットです。

 

エチル系よりも、量を多めにつける、接着面を広く取るなどの対策をして、強度を補いましょう。マツエクは、持続性を重視するお客様も多いため、ブチル系の持続に不安を持たれるかもしれません。しかし、グルーアレルギーに悩まされている方にとって、刺激性が少ないというのは、とても大きな意味があるものです。

 

エチル系グルー

スピーディーな硬化と、持続性の高さが魅力です。主成分の、エチルシアノアクリレートは、接着剤として非常に優秀で、強度が長く続きます。少量でも強固に固定されるので、CCカールや、Dカールなど、接着面が少ないエクステの施術にも向いています。また、施術時間が短縮されるため、お客様の精神的な負担も少ないです。しかし、硬化スピードが速いと、ホルムアルデヒドが、一気に放散されるため、刺激性は強くなります。

 

安全なものを選ぶためには、原産国や配合成分が、明記されているかをチェックしましょう。エチル系は、硬化速度が速い点や、長持ちすることで、多くのサロンで普及しています。しかし、刺激性が高いため、商材選びは、より慎重に行わなければいけません。

 

ブチルシアノアクリレートが向いているのは?

お客様の体質や希望、デザインによってグルーを使い分けることで、仕上がりの美しさや、満足度がアップします。では、ブチル系グルーは、どのようなシーンに向いているのでしょうか。具体的な例を3つ紹介します。

 

グルーアレルギーがある方

過去に、グルーアレルギーを引き起こした方でも、ブチル系なら施術が再開できるかもしれません。上記でも紹介した通り、ブチル系は、アレルギー物質の放散量が少なく、アレルギー発症のリスクを下げられるからです。ただ、放散量はゼロではありません。適量を心掛けることや、換気を行ったり、エアーコンプレッサーを使ったりして、できるだけ原因物質を吸い込まないような工夫をしましょう。アレルギーがある方や、敏感肌の方は、より慎重な施術を心掛けながら、ブチル系を試して下さい。

 

もし、低刺激グルーでも施術が難しい場合は、より刺激性が低い、エトキシエチルシアノアクリレートが主成分のグルーがおすすめです。国産マツエクグルー専門店の「オルロ」では、無刺激グレードの国産マスターピースグルー【無刺激グレード 2ml】を取り扱っています。安全性にこだわっているので、ぜひ一度チェックしてみて下さい。

 

初心者のアイリスト

ブチル系は、初心者のアイリストでも扱いやすいです。硬化スピードが穏やかなので、手のスピードがまだ遅いアイリストでも、焦らずにエクステを整えられます。製品によって、硬化スピードは異なりますが、エチル系は2秒〜3秒、ブチル系は5秒〜7秒程度が目安です。速乾タイプが人気を集めていますが、手のスピードに合わない商材を選ぶと、スライドさせる途中で硬化し、仕上がりや持続性が、悪くなることもあります。

 

ブチル系は、強度が弱く、もちが悪いと言われていますが、最適な量と位置に接着させる事を守れば、もちは良くなるはずです。施術者のスピードに合わせて、ブチル系か、エチル系か選択すると良いでしょう。

 

接着面が広いエクステ

JカールやCカールなど、接着面を広く取れるエクステに向いています。強度が弱い分、量を多めにつけ、広範囲に馴染ませる必要があるからです。もし持続性に不安がある場合は、フラットラッシュを、おすすめするのも一つの方法。フラットラッシュは、エクステの中央部分が窪んでおり、自まつげとの接着面を広く取れるため、持続性が向上します。ブチル系は、接着面を多く取ることで、強度をアップさせます。もちろんCCカールなどのエクステも、自まつげの状態によっては、問題なくつけられることもあります。お客様の目元の状態を見ながら、使用量やグルーの種類を、上手く調節して下さい。

 

≫ マツエクは正しいカール選びで満足度UP!種類別に特徴比較

 

ブチル系グルーの取り扱いの注意点

施術前には、毎回パッチテストを行うのがベスト。低刺激ではあるものの、全ての方に、アレルギーが起こらない訳ではないからです。また、今まで問題なかった方でも、急にアレルギーを発症することもあります。例えば、体調が優れない時や、生理前後でホルモンバランスが乱れた時には、刺激を感じやすくなる方もいるようです。

 

パッチテストは、費用や時間、手間がかかるので、積極的に受けたがらない、お客様も多いと思います。しかし、アレルギーが起こると、マツエクを途中でオフしたり、症状によっては、病院を受診したりする必要があります。カウンセリングで、パッチテストの必要性を十分に理解していただき、出来る限り、毎回受けてもらうようにすると安心です。

 

≫ マツエク施術前のパッチテストは絶対!その重要な理由とは?

 

おすすめのブチル系グルーを紹介

国産マスターピースグルー【メディカルハイグレード 5ml 速乾】

国産マスターピースグルー【メディカルハイグレード 5ml 速乾】

マツエクグルー専門店の「オルロ」では、ブチルシアノアクリレートを主成分とした、国産マスターピースグルー【メディカルハイグレード 5ml 速乾】を販売しています。ブチル系は、一般的に持続性が低いと言われていますが、オルロでは、カーボン粒子を微粒子にする独自の製造方法で、驚異的な持続の良さを、実現させることに成功しました。

 

施術方法や、アフターケアによっても、持続性は変わりますが、リペアのタイミングは、1.5〜2ヶ月が目安です。通常は、平均3週間程度なので、いかに長持ちするかが、お分かりいただけるでしょう。また、完全硬化後からは、オイルタイプのクレンジングがOKなのもメリットです。「新しいグルーは、使い心地が合うか不安」という場合も、オルロでは、30日間の返金保証制度があるので、お気軽にお試し頂けます。同じ内容で、2mlタイプもあるので、小規模サロンや、まずは使用感を確かめたい、という方にもおすすめです。

 

ブチルシアノアクリレートを配合したグルーの特徴と注意点は【まとめ】

ブチルシアノアクリレートは、医療現場でも使われるほど、安全性の高い成分です。これを主成分としたグルーは、ホルムアルデヒドの放散量が少なく、グルーアレルギーがある方でも、問題なく使用できることがあります。また硬化スピードが緩やかなので、初心者のアイリストでも扱いやすく、じっくりと、理想的な位置に接着できるというのもメリットです。刺激性は少ないものの、全ての方が、問題なく使える訳ではありません。アレルギーの有無を確かめるためには、使用前に、パッチテストを行うことが大切です。カウンセリング時に必要性をしっかりと伝えましょう。オルロの、ブチルシアノアクリレートを主成分とした、国産マスターピースグルー【メディカルハイグレード 5ml 速乾】は、デメリットとされている、速乾性と持続性を格段にアップさせています。グルー選びで悩んでいる方は、ぜひ1度お試し下さい。