マツエク種類でもう迷わない!デザイン別に目元の印象を解説

マツエクの種類マツエク ブログ

「自分に似合うマツエクの種類が分からない」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。カウンセリングはありますが、マツエクサロンに行く前にある程度決めておくと、スムーズに施術に入れます。この記事では、まつ毛エクステの種類や、決め方のポイントを紹介します。初めて装着する予定の方も参考にして下さいね。

 

マツエクとは?向いている人、向かない人

マツエクは、自まつげに人工的に作られたまつげを装着する技術の事で、自然な仕上がりになるのが人気の美容技術です。メイク時間が短縮出来る事や、汗や水に強いのが大きなメリットになります。まつ毛エクステは、一度装着すると、3〜4週間つけたままにできるので、ビューラーやマスカラの必要がありません。マツエクの種類を変える事で、目元の印象を、自由自在に変えられるのもメリットです。一方で、グルーにより、アレルギーを引き起こすリスクがあるというデメリットも。

 

≫ アレルギー用マツエクグルーの選び方とおすすめ商品3選

 

また、マツエクサロンでの定期的なリペアや、ホームケアが必要だったりと、マツエクは、お金と手間がかかります。肌が弱い方や、忙しくて、アフターケアが難しい方にはおすすめできません。まつげエクステは、装着するマツエクを変える事で、なりたい目元を演出できます。しかし、マツエクに向いている人、向かない人がいるので、メリットやデメリットの基礎知識をつけてから、まつ毛エクステを装着するようにしましょう。

 

マツエクの毛質の種類

マツエクの毛質の種類を大きく分けると、シルク、ミンク、セーブルの3種類です。マツエクは、全てナイロン製の人工毛ですが、質感やコシ、ツヤ、つけ心地などで素材が分けられています。シルクは、コシが強く、艶やかなのが特徴で、つけまつげのように存在感があります。リーズナブルで、マツエクの中では、最もポピュラーですが、硬めなので、素材の違和感を感じる方もいるようです。

 

≫ 高級マツエクはセーブル!ミンク・シルクとの違いは知ってる?

 

セーブルは、本物のまつげに近い仕上がりで、柔らかく軽い素材が特徴。つけ心地は抜群ですが、その分、お値段が上がります。ミンクは、セーブルには劣るものの、柔らかい素材で、つけ心地が良く、マットな質感は、目元に馴染みやすいです。質をキープしつつ、価格を抑えたい方におすすめ。一般的に、まつげエクステの毛質は3種類あるので、値段と質のバランスを考えて、シルク、ミンク、セーブルを選択するようにしましょう。

 

マツエクのカールの種類

マツエクの基本となるカールは、Jカール、Cカール、CCカール、Dカールの4種類です。基本の形の派生型として、SC、I、R、JCカール等もあります。これは、湾曲の仕方によって分けられています。Jカールは、根元のそりが控えめで、ナチュラルな自然な仕上がりになるのが魅力。長さは強調されますが、派手な印象になりづらいです。Cカールは、ビューラーを使った時のような、適度なカールがついています。華やかさは欲しいけど、マツエクを自然に馴染ませたいという方におすすめです。クルンと丸みのあるCCカールは、ドーリーな仕上がりになります。接着面が狭くなるので、やや取れやすいのがデメリットです。根元からグッと角度がついているDカールは、存在感が抜群です。一重や奥二重の方でも、パッチリとした目元になります。基本の形は4つですが、まつげエクステの商材メーカーによっても形が変わるので、カールの実物を見てチョイスすると良いでしょう。

 

≫ マツエクは正しいカール選びで満足度UP!種類別に特徴比較

 

マツエクの太さの種類

マツエクは、シングルラッシュの場合、基本的に太さは、0.1mm、0.12mm、0.15mm、0.18mm、0.2mmの5種類から選ぶ事が可能です。日本人のまつげの太さは、平均で0.1mmと言われているので、細いほど、ナチュラルな仕上がりに、太いほど、メイク後のような、華のある仕上がりになります。0.1mm〜0.12mmは、すっぴんでも、まつげエクステが自然に馴染み、本数が多くても、軽く見えるのがメリットです。職場や学校でも、マツエクが目立ち過ぎません。太さに迷っている方は、0.15mmがおすすめです。マスカラを塗った時のような太さになるので、アイメイクの時間を短縮できます。目力重視の方は、0.18mmや0.2mmを選ぶと良いでしょう。アイライン効果もあるので、すっぴんでも、目力が持続します。同じ本数のまつげエクステをつけたとしても、太さによって濃さが違って見えます。部分的に太さを変えたり、まつげエクステをミックスしたりするのも一つの方法です。

 

≫ レーザーエクステ ミンクラッシュ MIX Cカール 0.2mm×7mm~14mm

 

マツエクの長さの種類

マツエクの長さは、7mm〜14mmが一般的。その中でも、8mm〜12mmのものが主流です。日本人の、平均的なまつげの長さは、6.8mmだと言われています。装着感や持ち等を考慮し、自まつげよりも、2mm〜3mm長いものが、ベター。もし、長さよりも密度を増やしたい、という方は、7mm〜8mmを、多めにつけると良いでしょう。すっぴんでも、違和感のない仕上がりになります。ナチュラル派だけど、目力は欲しい、という方は、10mmがおすすめ。自然に盛れる人気の長さです。12mm以上は、つけまつげのような、華やかさが欲しい方に向いています。全て同じ長さにすると、不自然になるので、いくつかの長さをミックスしてつける事で、バランス良く仕上がります。長さは1mm単位で選べます。悩んだ時は、自まつげより、2mm程長いものから挑戦してみると良いでしょう。

 

≫ レーザーエクステ ミンクラッシュ MIX Cカール 0.2mm×7mm~14mm

 

マツエクのカラーの種類

マツエクと言えば、ブラックが基本ですが、最近では、カラーマツエクをつける方も多くなりました。定番のダーク系から、個性的な原色まで、様々な色味のまつげエクステがあります。パーソナルカラーやヘアカラー、メイク、カラコン、ファッション等に合わせて、選ぶのがポイントです。最もポピュラーなのは、ブラウン系。ブラックのまつげエクステに比べて、柔らかい印象になります。初めての方でも、挑戦しやすいカラーマツエクだと言えるでしょう。長さや太さと同様に、いくつかの種類をミックスしてつける事で、デザインの幅が広がります。主張が強いカラーは、全体につけると浮いてしまうので、目尻につける事が多いです。イベント前や、ガラッとイメージを変えたい時は、いつもとは、違うカラーを選ぶのも楽しいかもしれません。目元だけ浮かないように、ヘアスタイルや、メイクとのバランスも、しっかり見極めるようにしましょう。

 

≫ マツエクカラーでこなれ感UP!取り入れ方や色別の印象の差

 

マツエクデザインの決め方のポイント

初めての方は、自分にとってベストなマツエクデザインを選ぶのが難しいですよね。そんな時は、まず理想の目元をイメージしてみましょう。具体的なマツエクのデザイン例を3つ紹介します。

 

ナチュ盛り派の方におすすめのマツエクデザイン

目力は欲しいけど、不自然になりたくない!という方におすすめの、マツエクの種類を見ていきましょう。

 

毛質:セーブル
カール:Cカール
太さ:0.15mm
長さ:9mm
本数:80本〜100本
カラー:ダークブラウン

 

やや値段が上がりますが、セーブルは質感が良く、自まつげより、太くて長いものを選んでも、ナチュラルに見えます。100本以上つけると、装着感が出てしまうので、ナチュラル派の方は、多くても100本以内がベター。80本以上つければ、十分盛れますよ。また、Cカールは、まつげのリフトアップ効果が期待出来るので、少ない本数でも、ぱっちりした印象の目元に。もともと黒目の色素が薄い方は、ブラックよりも、ダークブラウンの方が、自然に馴染むので、おすすめです。

 

≫ 高級マツエクはセーブル!ミンク・シルクとの違いは知ってる?

 

持ち重視の方におすすめのマツエクデザイン

上記でも紹介しましたが、持ちを良くする為には、自まつげに近いデザインにするのがベストです。

 

毛質:ミンク
カール:Jカール
太さ:0.12mm
長さ:8mm
本数:120本

 

日本人のまつげは、欧米人と比べて、カールが緩いです。根元のカールが、緩やかなJカールは、自まつげとのギャップが少なく、接着面が広く取れるので、長持ちしやすいです。「カールがあってこそ、マツエク」と思うかもしれませんが、クール系の目元にするなら、Jカールがおすすめ。大人っぽい仕上がりになり、30代〜40代の方でも、取り入れやすいでしょう。また、本数を増やす事で、少し抜けてしまっても、あまり目立ちません。太さや長さを、控えめにすれば、自まつげへの負担が軽減できます。

 

≫ 高級マツエクはセーブル!ミンク・シルクとの違いは知ってる?

 

とにかく華やか!が希望の方におすすめのマツエクデザイン

せっかくなら、つけまつげのように、ドーリーで目を引くデザインにしたい方も多いでしょう。

 

毛質:シルク
カール:SCカール
太さ:0.2mm
長さ:11mm
本数:120本〜140本

 

シルクの艶やかな質感は華やかで、目力が欲しい方に人気です。クルンと上向きのSCカールは、しっかりメイクとの相性が抜群です。ただ、一定の長さがないと、物足りなくなるので、9mm以上の長さにするのがベターです。まつげのリフトアップ効果も高いので、逆まつげのコンプレックスがある方の、悩みも解消できるでしょう。SCカールは、本数をつけすぎると、インパクトが強くなるので、目の形や顔立ちに合わせて、調節して下さい。

 

≫ 高級マツエクはセーブル!ミンク・シルクとの違いは知ってる?

 

マツエク種類でもう迷わない!デザイン別に目元の印象を解説【まとめ】

マツエク人気の高まりに比例して、まつ毛エクステの種類は、どんどん増えています。最近では、通常のシングルラッシュに加えて、ボリュームラッシュや、フラットラッシュが、特に人気を集めています。持続性や、つけ心地のバランスを考慮するなら、自まつげとのギャップが少ないものを選ぶのが、おすすめです。ただ、長さや太さを揃えると、単調な仕上がりになるので、数種類をミックスするのがベター。長さや太さ、カラー等は、サロンの規模や、コンセプトによって、取り扱っている数が違います。希望のデザインがある場合は、再現が可能か、予約前に確認すると安心です。具体的に、どれを選んだら良いか分からない場合は、理想の目元の印象になるように、イメージを固めると良いでしょう。エクステに、どんな種類があるかを理解すると、イメージも湧きやすくなるはず。この記事で紹介した、デザインの決め方を参考にして、マツエクを楽しんでみてはいかがでしょうか。